"フィナステリドの副作用としては、抗アンドロゲン剤であることから男性機能に関するものが一杯です。男性型脱毛症における抜け毛のメカニズムとしては、先述したジヒドロテストステロンが、毛母細胞や毛乳頭に影響を与えることによって、健康な毛髪の成長を阻害してしまうことにあるのです。

 

フィンペシアに含まれる有効成分はフィナステリドと言い、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンへと変換する、5アルファ還元酵素の働きを抑制する働きを持っています。性欲の減退、勃起不全などEDの症状、精子数の減少などが主なものですね。

 

また、副作用そのものが起こる確率も最低ことも特徴の1つだと言えるでしょう。つまり、フィナステリドを摂取することで、抜け毛の原因そのものをシャットアウトすることができ、このことから男性型脱毛症の改善に効果があると認められています。

 

しかし、男性機能の問題については、薄毛と同様に男性にとっては非常に重要な問題でもあるので、フィナステリドを服用するのなら、全然医師に相談をし、用法や用量を守った上で服用するようにして下さい。飲む育毛剤として有名なフィンペシアは、男性型脱毛症に効果が認められている医療用の医薬品です。

 

他にも、胃に不快感がでたり、腹痛や下痢、頭痛や肝機能障害なども起こるリスクがあります。ただし、いずれにしても深刻な症状は出にくいとされていて、基本的には副作用は出たとしても軽微なものであるそうです。

 

"