「 other 」 一覧

宅建試験でおすすめの対策方法や勉強法のコツは何がある?

2019/06/19   -other

宅建試験の合格は、勉強をしないと勝ち取ることができません。効率よく点数を取ることができる勉強をしたいなら、過去問を徹底的に勉強すること我がおすすめの方法です。宅建の対策は、出題傾向の把握をすることがコツです。膨大な出題範囲の中から重要度が高い問題とそうではない問題を把握し、本当に必要な部分を重点的に、効率よく学習することができるのです。よく出題されている問題については、より知識を深めておくことが合格のコツです。

宅建を最短合格する方法とは?最年少で宅建合格した人の年齢は?

2019/06/19   -other

宅建合格者の平均年齢は33才から36才となっていますが、合格者の最年少記録は小学6年生の男の子の12才4ヶ月で、最年長記録は90歳の方が保持しています。このことからもわかるように、宅建は幅広い世代の人から支持されている資格です。しかし、毎年15%程度の受験者しか合格できず、なかなか資格を取得できない人も多いのです。そのため、宅建を最短合格する方法について興味がある方も多いと思います。勉強方法としては「独学」「通学講座」「通信講座」がありますが、この中でも最も効率良く知識を身に付けることができるのが通信講座です。ですから、宅建を最短合格することを目指している方は、通信講座を利用することをおすすめします。

宅建の講座ランキング上位は何処?また宅建試験のおすすめ勉強法は?

2019/06/19   -other

宅建の講座のランキングを見ると様々な資格予備校がありますが、時間がない場合は通信講座で学べる予備校を選ぶと良いでしょう。例えば各資格予備校の中でも通信講座に特化しているユーキャンは合格者に占め割合がトップクラスです。平成28年の場合、1222名が合格し全体に占める割合は首位の3.99%でした。宅建試験は独学で学習することもできますが、ユーキャンのような優れた資格予備校を利用するのがおすすめの勉強法です。

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

2019/06/19   -other

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

2019/06/19   -other

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。

宅建は開業する方が儲かる?資格取得後すぐに開業した方がいい?

2019/06/18   -other

宅建の資格取得をしたら、すぐに不動産屋を開業した方がいいかどうか費用はどのくらいか、本当に儲かるのかなどと悩む人もいるかと思います。結論から言うと、宅建は開業に非常に適した資格なので、宅建を取得する際にその気があればすぐにでも怪魚の手続きに入るのが理想です。ただ、開業にはいろいろなハードルがあり、開業した後も収入の保証はありません。ですので宅建を受ける際には、独立をするのか、今のところにお世話になり続けるのかということを明確にして試験を受けることが大事です。

給料袋

宅建士の給料は安月給?平均の給料相場はどのくらいなの?

2019/06/18   -other

さまざまな資格のなかでも宅建は転職にも強いとして注目度の高い資格です。そんな宅建の給料としては、月給にプラスして資格手当が付与されたり、ボーナスや残業代も合わせると700万円以上の年収になるケースもありますが、あくまでぴんきりで年齢や所属先などによって違いも生じます。それでも年収の平均相場としては、300万円から600万円ぐらいで、年齢とともに給料も上がり、50代がピークとなっています。しかも役職につくとさらにアップし、部長などの役職ならば、800万円以上の年収になる場合もあります。

ライセンスのイラスト

宅地建物取引業の免許の有効期限が切れると再試験になる?

2019/06/18   -other

宅建の有効期限は、免許取得日の翌日から5年目の日付まで有効です。有効期間の満了日が日曜日や休日であっても、その日が免許の満了日までが有効期限となり注意が必要です。免許更新の申請は期間満了日の90日前から申請できます。有効期限が切れると免許が失効となります。地建物取引業を行う場合には、再度新規に申請することになります。有効期限を切らして場合には、宅建試験ではなく法定講習会を受講することで、現在の登録番号で取引士証の交付を受けることができます。

宅建士の5問免除とは?誰でも試験で5問免除してくれるの?

2019/06/18   -other

宅建士の5問免除では、宅建試験50問中の5問は正解にされるため、残り45問に応えることになります。宅建業に従事する方のみが対象で、登録講習を受講して試験に合格すれば5点免除の資格が得られます。5問免除の有効期限は3年なので仮に宅建試験に万が一落ちたとして受験3回目までは5点免除が適用されます。4回目からは再度、登録講習を受講して5点免除を得る必要はありますが、宅建業に従事する限り何度でも5点免除は使えます。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

2019/06/18   -other

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。