「 other 」 一覧

スーツを着た男性と家のおもちゃ

宅建は国家資格ではなく民間資格だった?資格も簡単で取得しやすい?

2019/06/17   -other

宅建は国家資格ではなく民間資格で資格も簡単で取得しやすいと考えている人がいますが、これは間違いで宅建は国家資格なのでこの点は十分に注意する必要があります。もちろん国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないので、出題範囲や出題形式をよく確認した上でしっかりと勉強することが大切です。ただ出題数は50問で全てマークシート方式ですしある一定の点数を取れば合格することが出来るので、あまり深刻に考えずに肩の力を抜いて勉強するようにした方が良いです。

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

2019/06/17   -other

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

2019/06/17   -other

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。

お札の上の帽子

宅建学校の費用は平均でどれ位?学校に通うと合格しやすくなる?

2019/06/17   -other

宅建学校の費用は平均は20万程ということが出来ます。勿論地域や講義形式によっても異なり、マンツーマンだともう少し高くなります。そんな宅建学校の宅建試験対策は週に1回~2回、4ヶ月~6ヶ月で設定しているスクールが多いと言えます。通信講座の平均は6万円程なので、学校に通った方が費用はかかります。ですが学校に通った方が効率よく必要な知識を学ぶことが出来るので合格しやすい、資格取得への最短距離と言えるでしょう。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

2019/06/17   -other

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

2019/06/16   -other

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

宅建の勉強スケジュールは細かに計画した方が合格しやすい?

2019/06/16   -other

宅建の資格取得を目指して勉強する場合、勉強時間が長ければその分合格しやすいという訳ではありません。効率よく勉強をして、目標の点数を確実に取ることで1か月前や3か月前からの勉強でも合格することが可能です。宅建の勉強スケジュールは、細かく計画していくよりも大まかでも良いので、時間調整をしながら目標の部分をしっかりと回答できるように覚えることが重要です。毎日のスケジュールをたてるよりも、1か月の勉強量から1週間の学習内容を割り出し、1週間単位でクリアしていくことをおすすめします。

宅建試験の合格ラインや合格率は低すぎて人気がない資格らしい?

2019/06/16   -other

宅建試験の合格ラインは、他の資格試験と低いとされているため、合格率は約16.5%だとされています。そのため合格率は低すぎるということはなく、他の資格試験よりも難易度が低いことから取得しやすいとして人気があります。実際に資格を取得しようと考えた場合、合格率が低いものはチャレンジしやすいので、挑戦したり自信を得るものとしては最適です。宅建合格で自信が得られたら、他の試験にも挑戦できるようになりますし、就職するときにも採用の時に評価されるに足るものだといえます。

喜ぶ女性

宅建の難易度は独学でも取れるほど簡単で取得しやすい資格なの?

2019/06/16   -other

宅建の難易度は独学でも取得できるレベルで、国家資格の中では取得しやすいです。他の国家試験に比べると易しいものの、合格率は20%以下なので簡単に合格できるわけではないです。出題範囲が広いので、効率よく勉強を行う必要があります。独学だと自分のペースに合わせて勉強ができ費用もかからないというメリットがありますが、意志が弱いと勉強を継続できないというデメリットもあります。意志が弱い人の中には、モチベーションを高めるために専門スクールに通って勉強する人もいます。

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

2019/06/16   -other

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。