other

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。

ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。

契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。

不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。

それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。

宅建士が出来る事は何がある?

働く人のイラスト

宅建ができることとして、不動産取引を交わす際には必ず必要な業務もあります。アパートやマンションなど賃貸契約をするさいにも、家を購入する際にも重要事項の説明は必要です。

買主や借主に宅建士から、トラブル発生を防ぐためにも、重要な事項を説明してサインや押印までします。重要事項説明書への記名押印と共に、契約内容書面への記名押印まで、法律上の業務にもなりますので、宅建士でなければ担当をすることは出来ません。

宅地建物取引業法の法律を、宅地建物取引業者となる不動産企業は、必ず守る必要があります。国で定めている建業法の決まりがあるため、不動産企業を営む場合は事務所ごとの計算で、宅建士を従業員5人に1人以上の割合で雇わなければなりません。

就職や転職ということを考えても、不動産企業に就職をするなら、宅建士の資格を取得しておくのは非常に有利です。まさに宅建ができることは、不動産企業の業務の中で求められていることだからであり、有資格者を優遇しての採用は少なくはありません。

必須なのが不動産業界になりますが、金融機関の銀行でも求められることはあります。建物や土地を担保に融資するため、法的な宅建の知識が役立つためです。

宅建の主な就職先は何処?

宅建取得者の就職先は宅建ができることによって絞られていきます。基本的に宅建は事務仕事であるものの、不動産の売買に関する重要事項の説明にその説明書への記名と押印、さらに契約書への記名と押印は宅建取得者にしか許されていない業務です。

要するに建物や宅地の売買や交換、その取引の代理人を請け負っています。実際に建築に関する会社に就職した建築士が入社後、宅建の受験をするケースは珍しくないです。

そのため宅建取得者の就職先に建築や不動産関係が挙げられます。自社で手掛けた物件の販売や不動産の価値の明確化の役割が主ですが、金融業にも就職できるチャンスはありです。

銀行では不動産を担保にする場合が多く、その価値の有無や真偽を把握するために宅建が求められています。他にも財務や法務でも不動産は密接に関わっているため、企業の総務及び財務部門の雇用に期待大です。

あとは賃貸や管理といった大家のような一面もあれば、土地の価値を推し量っていく開発でも活躍できます。

就職活動する立場からすれば長く働けることが見込めるうえに、給料にも期待できる仕事をもたらす資格はなかなかないです。そういった意味では宅建の取得を目指すのは悪くないと言えます。

宅建の免許が無くても不動産会社で働けるの?

不動産の仕事といっても、その内容は色々とあり、決して一つというわけではありません。だから、資格がなければできない業務内容ももちろん存在していますが、何も資格がなくても問題がない内容もあります。

したがって、不動産会社で働きたいという時は、宅建の免許がなくても働くことは可能です。ただ求人情報には宅建士を持っていると優遇されるという旨が記載されている場合も少なくありません。

また、宅建士の資格が必須となっている部署ももちろん存在しています。なので、宅建ができることを仕事として不動産業界で働きたいのであれば、やはりその資格は必要不可欠です。

また、不動産会社の場合は社員の5人に1人は宅建士の資格を持っていなければならないということにもなっているので、有資格者は引く手数多だということもできます。

しかし、絶対にこの資格がなければ働けないというわけではなく、資格がなくても働くことは十分可能です。しかし宅建ができる事以外の仕事しかできないことになるので、仕事内容にはどうしても制限がかかってしまいます。

なので不動産に関して色々な仕事で活躍したいというときなどは、宅建の免許を取得しておく必要があるといえます。

宅建の免許が無いのに不動産の取引を行うとどうなるの?

宅建試験に合格すれば、宅建取引士になることができます。ではこの宅建取引士とはいったい何をする人なのでしょうか。宅建取引士とは不動産取引のエキスパートです。宅地建物取引業を営む者は、事務所ごとに宅建取引士を置くことを義務付けられています。

例えばマイホーム用の土地を購入することになった場合を、考えてみましょう。まず不動産屋さんに行ってどのあたりでいくらぐらいの土地を購入したいか、話します。すると不動産屋さんはそれらの希望になるべく沿った物件を紹介してくれます。

通常の売買、例えば中古車を購入するなら実際に車に試乗すればその良し悪しはわかりますが、不動産の場合その物件を見ただけではわからないことだらけです。

そこで法律は不動産の売買、賃貸においては物件について事前に知っておきたい事項をまとめ、これを書面にあらわさなければならないこととしました。これを重要事項の書面といいます。

多くの人たちは不動産全般についての知識を持っていませんから、お客様に対してこの書面を用いて物件についての情報を説明することとしました。

これができるのが土地や建物に関する知識や法律に精通し、国家試験をパスした宅建ができることとしました。ですから宅建免許を持たずに不動産取引はできないことになります。商談まではできますが、実際の契約は行えないのです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建は開業する方が儲かる?資格取得後すぐに開業した方がいい?

宅建の資格取得をしたら、すぐに不動産屋を開業した方がいいかどうか費用はどのくらいか、本当に儲かるのかなどと悩む人もいるかと思います。結論から言うと、宅建は開業に非常に適した資格なので、宅建を取得する際にその気があればすぐにでも怪魚の手続きに入るのが理想です。ただ、開業にはいろいろなハードルがあり、開業した後も収入の保証はありません。ですので宅建を受ける際には、独立をするのか、今のところにお世話になり続けるのかということを明確にして試験を受けることが大事です。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。