other

宅建士の5問免除とは?誰でも試験で5問免除してくれるの?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

宅建士の5問免除では、宅建試験50問中の5問は正解にされるため、残り45問に応えることになります。

宅建業に従事する方のみが対象で、登録講習を受講して試験に合格すれば5点免除の資格が得られます。5問免除の有効期限は3年なので仮に宅建試験に万が一落ちたとして受験3回目までは5点免除が適用されます。

4回目からは再度、登録講習を受講して5点免除を得る必要はありますが、宅建業に従事する限り何度でも5点免除は使えます。

宅建士の5問免除とは?

テストを受ける人

宅建士の5問免除とは宅地建物取引業法施行規則の第10条の14によって認められた、試験の一部免除制度を指す言葉です。

「登録講習修了者については、登録講習修了試験に合格した日から3年以内に行われる試験について、第8条に掲げる試験すべき事項のうち同条第1号及び第5号に掲げるものを免除する」というのがその内容になります。

免除される分野は受験項目のうちの宅地の知識、建物の知識、景品表示法、不動産の統計、住宅金融支援機構法となります。この制度を利用することで、試験の難易度を下げ合格の可能性を高めることができるので、宅建士を目指す人は積極的に活用するべきです。

具体的には5問免除の利用者は、利用していない人よりも合格率が6.5%高いという調査結果が出ています。なお制度の利用には一定の条件があり、これを満たしていないと登録講習を受講していても利用できません。

10時間のスクーリングの出席と修了試験における正解率が7割以上というのが、その条件です。また5問免除が使えるのは登録講習を受けこれらの条件を満たしてから、3年以内に限定されています。

さらに登録講習の受講自体にも条件が設定されており、宅地建物取引業に従事している業界関係者に限ります。

宅建士の5問免除は誰でも免除されるの?

宅建士の資格は、宅地建物取引士の略称で国家資格となります。年齢や学歴、性別や国籍を問わず誰でも試験を受けることができますが、試験では四肢択一問題が50問出題され全て解答しなければなりません。

50問の解答を行わなければならないところ、問題数5問を正解として扱って頂くことができる制度が存在します。宅建士の5問免除となり1997年から導入されました。5問免除に関しては、宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関係した科目が免除となっています。

土地の形質、地目及び種別並びに建物の形質、地積、構造及び種別に関した科目も免除と考えて間違いありません。誰もが免除されるわけではなく、指定の登録講習を受講する必要があり修了試験に合格する必要がありますが、登録講習を受講するには条件があります。

宅地建物取引業者として登録している不動産会社に勤務し、従業員証明書が発行されていることが条件となりますが、登録講習では50時間の講習と1時間の修了試験が行われます。

登録講習を受講し修了試験に合格した場合でも、修了試験の合格日から3年以内に実施される試験を過ぎてしまうと免除資格がなくなり、一般受験者扱いとなるため注意する必要があります。

宅建士の5問免除は何か条件がある?

宅建士の5問免除とは、宅建士試験においてその他の分野から5問が免除される制度のことです。宅建士試験は登録講習の履修を修めた人を対象として、修了試験後3年以内に実施されます。

その他の分野とは、具体的に言うと建物の知識・建築の知識・不動産の統計・景品表示法・住宅金融支援機構法に関する5問です。宅建士の5問免除は誰でも利用できるというわけではなく、条件が設定されています。

指定されている登録講習を修めていなければ、5問免除の対象となることはできません。この登録講習を受けるためには、宅地建物取引業に携わっている必要があります。これは宅地建物取引業法と呼ばれる法律で定められています。

宅地建物取引業に携わっていない人の場合は、宅建士の5問免除を利用することができないので注意が必要です。登録講習を実施している機関は、国土交通省のホームページから確認することができます。

宅建士試験自体は性別や年齢、学歴などに制限はありませんので誰でも試験を受けることが可能です。現在海外で生活しているという人でも、試験を受ける際に日本に帰国していれば受験資格があります。

日本各地に受験会場が設置してあり、それぞれの住所に対応している都道府県で受験することになります。

宅建試験は5問免除されても落ちる可能性がある?

宅建試験の一部科目が免除となる登録講習は、国土交通大臣の指定を受けて実施する法定の講習制度です。登録講習を受けると、終了日から3年以内に実施される宅建試験について、その他の法令のうち5問が免除されることになっています。

つまり3年間は何もしなくても、5点の特典が取れるわけになるわけです。2か月間の通信講座を受講したのちに、2日間のスクーリングそして修了試験に合格すれば、証明書が交付されます。

そんなお得な登録講習を受けるには、受講申し込み時からスクーリング終了時まで有効な従業者証明書を持っていることだけで受けることができるのです。この登録講習はなかなか合格できない、不動産業界の方のために作られました。

不動産業界において宅建取引士を持っていないとほんとにつらいものがあります。お客様から指摘されますし、資格を持っている部下からバカにもされます。

ですが宅建試験も簡単ではないため、なかなか合格することができませんし、そんな方のために少しだけ下駄をはかせて合格しやすくするために作られた制度が、宅建士の5問免除です。

5点免除は5点プラスではありません。他の受験生が平均で3~4点得点するところを、5点もらえるだけです。つまり得をするのは1~2点です。

いつも合格ラインぎりぎりで落ちている人には神様のような制度ですが、反対に箸にも棒にも引っかからない人には意味のない制度です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

宅建試験でおすすめの対策方法や勉強法のコツは何がある?

宅建試験の合格は、勉強をしないと勝ち取ることができません。効率よく点数を取ることができる勉強をしたいなら、過去問を徹底的に勉強すること我がおすすめの方法です。宅建の対策は、出題傾向の把握をすることがコツです。膨大な出題範囲の中から重要度が高い問題とそうではない問題を把握し、本当に必要な部分を重点的に、効率よく学習することができるのです。よく出題されている問題については、より知識を深めておくことが合格のコツです。

スーツを着た男性と家のおもちゃ

宅建は国家資格ではなく民間資格だった?資格も簡単で取得しやすい?

宅建は国家資格ではなく民間資格で資格も簡単で取得しやすいと考えている人がいますが、これは間違いで宅建は国家資格なのでこの点は十分に注意する必要があります。もちろん国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないので、出題範囲や出題形式をよく確認した上でしっかりと勉強することが大切です。ただ出題数は50問で全てマークシート方式ですしある一定の点数を取れば合格することが出来るので、あまり深刻に考えずに肩の力を抜いて勉強するようにした方が良いです。

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。