other

宅地建物取引業の免許の有効期限が切れると再試験になる?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

宅建の有効期限は、免許取得日の翌日から5年目の日付まで有効です。有効期間の満了日が日曜日や休日であっても、その日が免許の満了日までが有効期限となり注意が必要です。

免許更新の申請は期間満了日の90日前から申請できます。有効期限が切れると免許が失効となります。地建物取引業を行う場合には、再度新規に申請することになります。

有効期限を切らして場合には、宅建試験ではなく法定講習会を受講することで、現在の登録番号で取引士証の交付を受けることができます。

宅建の免許は有効期限がある?

時計と本と鉛筆

不動産業を営む場合、宅建業免許が必要となります。この宅建業免許は、一度取得すれば永遠に更新する必要はないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、結果から言うと宅建の有効期限は5年となっており、定期的に更新の手続きをする必要性が生じてきます。

更新の手続きですが、有効期間が満了する日にちの90日前から30日前までの期間に更新することが出来ます。もし30日前を切ってしまうと、その後すぐに更新手続きをしたとしても最終的に期限に間に合わないという可能性もあります。

もし忘れたことを思い出した場合は、とりあえず管轄の行政庁と保証協会へ連絡をしてください。場所によっては、更新の余地があることもあります。もし宅建の有効期限が切れた免許を所持したまま営業を続けると、無免許で営業をしたということになり、処分されることになります。

そのため再発行する必要がありますが、再発効の審査に数か月かかってしまうため、その間営業を行うことが出来なくなります。また免許を失効することで、更新回数もリセットされてしまうため、信用も低くなってしまいます。

そのため更新を忘れないようにすることが一番大切ですが、もし失効してしまった場合は、すぐに保証協会へ連絡をして、手続きの方法を確認してください。しかし宅地建物取引士の資格は永久に存続できるので、宅建試験を受ける必要は無く、更新の時に講習を受けることになります。

宅地建物取引業の免許は有効期限が切れる資格失効?

宅建の有効期限ですが、宅建試験を受けて合格すれば基本的にはそれ以降は試験を受けるような必要はありませんが、免許には有効期間があり、有効期間が切れるよりも前に更新の手続きをしなければなりません。これはちょうど運転免許に似ています。

運転免許は、一度取得すればその後は試験などを受けたりする必要はありませんが、免許そのものには有効期間があり、切れる前に更新手続きを行わなければ失効し、その状態で車を運転しては無免許運転と同じになってしまいます。

宅建も同じで、更新手続きを行わないままだと失効してしまい、免許を初めから持っていないのと同じ扱いになりますから注意しましょう。免許の有効期間は5年間で、期限が切れる90日前から30日前までに更新手続きを行う必要があります。

この際には顔写真などの必要書類を準備しなければなりませんし、手数料の納入も必要です。また、単に書類と手数料を支払えばそれで済むというわけでもなく、講習を受講しなければなりません。

ただしこれは本当に講習受講のみであり、理解度を調べるためのテストなどは一切ありませんので、気楽に受講するだけで問題はありません。会場にまで出かけていく必要はありますのでその点は少し面倒に感じるかもしれません。

宅建の免許は申請通知が届かない?

宅建は宅建試験に合格することで、免許の交付を受けることができます。申請をしていない時点ではまだ合格者であって、宅建士と名乗ることはできません。

実務経験を積むか、講習を受けて修了証を交付してもらうことで、宅建士として登録申請をすることができ、そこから免許の交付申請を行います。宅建士としての登録申請をしたときには、登録申請をしたことが葉書で通知されます。

そして免許の交付申請は審査を行い、書類の不備などがなければ受理された後に同じく葉書での通知が行われます。もしこれらの申請通知が来ていない来ていないというのであれば、提出をした書類に記載されている住所が間違っている可能性があります。

そのようなことにならないよう、申請をするときには十分に気をつけなければいけません。さらに宅建の有効期限は、資格登録については一度登録されたならば自分の意思や何らかの処分を受けて抹消したのでなければ、生涯有効で更新をする必要もありません。

それに対して、免許証については宅建の有効期限が5年間と決まっています。手続きをするためには、都道府県知事の指定する法定講習を受けなければいけません。更新時期は宅建の有効期限満了日の90日前から30日前までです。

その通知については来るところと来ないところがあります。住んでいる都道府県では何処なのかを確認する必要があります。

宅建の免許を紛失した時はどうしたらいい?

宅建の免許をなくしてしまったり、溝や海など拾えない場所に落としたり、汚れたり破損した場合には、再交付申請をする必要があります。宅建試験に受かって資格を取得しても宅建の有効期限があるので、更新手続きが必要です。

宅建の有効期限は宅建試験を受けて免許が交付されてから5年です。その後も業務を続けて行きたいなら宅建の有効期限が満了する90日前から30日前までに、更新の手続きをする必要があります。

この期間を過ぎてしまうと無免許状態で業務ができなくなるだけでなく、経験の裏付けである更新回数も1回にリセットされてしまいます。宅建の有効期限が切れてからなくした場合には、紛失届を出す必要があります。

また盗難などで宅建の免許を紛失した場合には、再交付申請をする前に、警察署に届け出をしなければならないです。

再交付に必要な書類は、記名と捺印が押された申請書と申し込み前の半年以内に取られた証明写真2枚と紛失した場合にはその証明書と宅建試験の所轄機関の書類と、本人確認の出来るパスポートや運転免許などと手数料が必要となります。

再交付の理由が、上記のようになくしたり滅失したり汚して使えなくなった場合には、代理や郵送などの手続きは出来ず、申請者本人が自治体の窓口に行って申し込む事が必要です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。