other

宅建の試験日は年二回ある?他の資格と比べてチャンスは多い?

投稿日:

宅地建物取引士になるためには国家試験に合格する必要があります。しかし、中には宅建の試験日は年二回あるので他の資格と比べてチャンスがあると思っている人がけっこういます。

しかし宅建の試験は年に1度しかないのでこの点は注意する必要があり、チャンスは他の国家試験と同じなので余裕を持って勉強することが大切です。

ただ難易度はそれほど高くはないのでしっかりと勉強すれば合格するのは難しくはないのですが、それでも国家試験であり試験範囲も比較的広いので油断をせずに学習した方が良いです。

宅建の試験日は年二回あるって本当なの?

数字の箱

宅建の試験日は年二回あるという話は正確ではありません。宅建の試験日は年一回だけで、例年は10月に行われています。

年一回のチャンスしかないというのは厳しいようにも思えるかもしれませんが、多くの資格試験は年一回だけの開催ですから、宅建だけが特に厳しいというわけでもありません。

もちろん、将来的に年二回になる可能性がゼロというわけではないでしょうが、少なくとも今のところそのような話はありませんし、回数を増やすためには数多くの事務手続きが必要になりますから、その可能性は薄いでしょう。

宅建は、近年では毎年約20万人もの人が受験する人気資格です。ちなみに、大学の受験者数は、統計によって若干の差があるものの、50万人とか60万人といった数字で推移しています。

18歳の多くの人が目指す大学の全てを併せてもこれくらいの数字なのですから、言ってしまえば一つの資格に過ぎない宅建でその三分の一もの人が受験しているというのはなかなかに驚くべきことです。

一方、気になる合格者数ですが、これは近年では3万人程度で推移しています。20万人の受験者に対して3万人の合格者ですから、合格率としては15%程度ということになり、決して高い数字とは言えません。

宅建試験は年二回あるからチャンスが多い?

宅建試験は年二回あると誤解をしている人がいます。結論から言うと、宅建試験は年に一回しかありません。ではなぜこのような誤解があるのかというと、宅建の試験日は年二回あるからです。

宅建の本試験は年に一回だけ、10月の第三日曜日に実施されます。インターネットからの申し込みは7月の中旬頃が締め切りなので注意しましょう。郵送による申し込みの締め切りは7月末までです。

試験日は10月の第三日曜日、合格発表は12月の第1水曜日もしくは11月の最終水曜日にあります。このように、基本的には年に一回しかないのですが、実務経験者向けの「5問免除試験」が7月に行われます。

別名、登録講習とも呼ばれているものです。この試験に突破すると50点満点のうち5点が免除されます。登録講習の受講に1万円以上かかること、講習は2日にわたることなどがデメリットです。

宅建の合格率は15%~17%程度と非常に低いので、5問免除を受けるための条件を満たしている人はぜひ受けておきましょう。

まとめると、宅建試験は年に一回しかありませんが、実務経験者向けの「5問免除試験」が7月にあるので、年に二回と誤解をしている人がいるということです。これは重要なことなので、しっかりと理解しておいてください。

宅建試験の合格は他の資格試験より難易度が高すぎる?

宅建試験はほかの資格試験より難易度が高いと思っていませんか?実際の合格率を見てみると、約15%となっていて高い数字ではありません。ですが約15%といっても、同じ国家資格である司法書士などよりは高い数字になっています。

難易度が高いと感じる方もいますが、ポイントを押さえていくことで合格に近づくことは可能です。そもそも宅建の試験日は年二回になっているので、1年に1回のところよりはチャンスを増やせます。

年に2回あるチャンスを活かして、少しでも早く合格できるように準備を整えていきましょう。実際に合格するためには50点満点で目安としては35点以上、全体の70%以上の正答率が求められます。自分が必要な点数さえ取れさえすれば、合格できます。

そのため必要な点数を取るために、どのような準備が必要なのか考えていくことが大切です。宅建の試験対策には、さまざまな勉強方法があげられます。範囲が広いので独学での対策が難しそうという方は、スクールや通信講座を利用するのも1つの手です。

スクールや通信講座はお金がかかりますが、効率よく勉強して対策していくことが可能です。また計画的に学習することで、合格に必要な点数に近づくことにもつながります。

宅建試験に一発で合格する方法は?

宅建試験を受けるとき、一発合格を目指したいという方は多くの方に共通している考え方です。ですが一発で受かりたいと思っても、平均合格率が15%の環境なので簡単にできるものではありません。

そこで宅建試験に一発で合格するためには、何が必要になるのか考えていくようにしましょう。そもそも宅建の試験日は年二回存在しています。そこで一発合格を目指すのであれば、最初に受験日を決めて逆算して勉強を進めることが大切です。

半年後の試験を受けるとしたら、どのようなペースで学習を進めたらいいのか考えて自分に合った形で学習を進めることがポイントの1つです。また1発で合格するために、複数の教材を利用するという方も多くいます。

ですが複数の教材を買ったとしても、1冊ずつが中途半端な状態になってしまっては効率の良い学習にはつながりません。あれこれ教材を買うのではなく、まずは1冊をしっかりとやりきることも必要です。

何度も同じ問題を解いてしっかりと理解したうえで、次のステップに進むことも忘れてはいけません。さらにインプットだけではなく、アウトプットの機会を作るのも1つの手です。

覚えたことを誰かに説明するなどの形でアウトプットすることで、理解度を高めて合格に近づきやすくなります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の講座ランキング上位は何処?また宅建試験のおすすめ勉強法は?

宅建の講座のランキングを見ると様々な資格予備校がありますが、時間がない場合は通信講座で学べる予備校を選ぶと良いでしょう。例えば各資格予備校の中でも通信講座に特化しているユーキャンは合格者に占め割合がトップクラスです。平成28年の場合、1222名が合格し全体に占める割合は首位の3.99%でした。宅建試験は独学で学習することもできますが、ユーキャンのような優れた資格予備校を利用するのがおすすめの勉強法です。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

お札の上の帽子

宅建学校の費用は平均でどれ位?学校に通うと合格しやすくなる?

宅建学校の費用は平均は20万程ということが出来ます。勿論地域や講義形式によっても異なり、マンツーマンだともう少し高くなります。そんな宅建学校の宅建試験対策は週に1回~2回、4ヶ月~6ヶ月で設定しているスクールが多いと言えます。通信講座の平均は6万円程なので、学校に通った方が費用はかかります。ですが学校に通った方が効率よく必要な知識を学ぶことが出来るので合格しやすい、資格取得への最短距離と言えるでしょう。

ライセンスのイラスト

宅地建物取引業の免許の有効期限が切れると再試験になる?

宅建の有効期限は、免許取得日の翌日から5年目の日付まで有効です。有効期間の満了日が日曜日や休日であっても、その日が免許の満了日までが有効期限となり注意が必要です。免許更新の申請は期間満了日の90日前から申請できます。有効期限が切れると免許が失効となります。地建物取引業を行う場合には、再度新規に申請することになります。有効期限を切らして場合には、宅建試験ではなく法定講習会を受講することで、現在の登録番号で取引士証の交付を受けることができます。