other

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。

宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。

宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。

宅建を活かせる仕事はどんな仕事なの?

お金で出来た家

宅建を活かせる仕事はいくつもありますが、不動産屋での賃貸仲介業務は、宅建士を持つ人材のイメージが最もあります。たくさんの人が賃貸物件を探す中で、ニーズに応えられる物件を提案しますが、その場だけでの作業ではありません。

実際に現地にも安寧をして説明を行い、お客さんが気に入ることで契約まで結ぶのが一通りの業務です。男性がメインで活躍をする印象の強い不動産の世界ですが、宅建士を取得して活躍をする女性も増えています。

インテリアが好きな女子にも向いていますし、女性の子の好む物件も増えているので、女性でも活かせるのが宅建です。分譲マンションの販売業務も、宅建を活かせる仕事であり力を発揮することができます。

マイホームは生涯のうちに何度も購入をするものではなく、最も大きな買い物となることから、契約をする顧客とのお付き合いも長いです。最終契約まで責任ある仕事をすることになりますし、契約を結ぶためには宅建士のライセンスが必須になります。

不動産業界の花形とも言われている、不動産の仕入れも宅建を活かせる仕事です。持ち主との交渉の上、建売用地やマンション用地などの購入をしますが、開発業者だと都市開発だとか、建設計にまで携わります。

宅建を取得する人はどんな業界で働いている人?

宅建士の資格を取得したら、宅建を活かせる仕事へ就職するのがよいでしょう。業界としては、「不動産業界」への就職が最も多いのが現状です。

これは宅建士の仕事内容とも関係があり、法律や土地についての専門知識をいかして、不動産取引などを有利に進めることができるからです。

土地や建物を売り出したい人の手助けをすることや土地を借りたい人に対して業者や物件を紹介したりします。売主や買主との間に入り、仲介的な役割を果たして、契約までのサポートをすることも大切な仕事となります。

仕事の内容によっては、宅建の資格を取得しなくてもできるようなものもありますが、資格を取得していた方が信頼感も増します。就職する会社によっては、毎月、決まった金額の「資格手当」をもらうこともできますので、給料アップにもつながることでしょう。

宅建士の平均的な給与の相場は、320万円から540万円となっており、サラリーマンの平均的な収入とほぼ同額となっています。合格率が15%の国家資格でありながらも、高収入とは言えない給与ではありますが、やりがいのある仕事でもあります。

不動産業界以外には、投資業界でも需要があり、この資格を活かして働く事が可能です。

宅建は不動産業界のスペシャリストを示す資格なの?

宅建の資格を取得すると宅建士としての業務を行うことができますが、その主な内容は不動産売買や賃貸物件の斡旋の際に、専門知識を持たないお客さんに不動産業界のスペシャリストとして詳しい説明をすることです。

建築会社の場合は、自社で建築した物件の販売の際に宅建の資格が必要ですし、不動産分譲や管理を行う不動産管理会社などでも宅建士の資格は必須になってくるなど、宅建を活かせる仕事は数多くあります。

建築業界以外にも宅建を活かせる仕事はあり、例えば不動産を担保として融資などを行うことの多い金融機関でも、正当な評価額を算出するために宅建士の資格を持っていることは有利に働きます。

資格を持っていれば就職の際に有利になったり、毎月のお給料に手当がプラスされたりすることもあるなど、持っておいて損のない資格だと言えます。

資格を持っているだけで不動産業界のスペシャリストとして専門の知識を有していると言うことの証明になるため、就職に有利なのはもちろんのこと、独立開業やキャリアアップなども狙うことができ、将来的なキャリアデザインの幅が広がるのも宅建士の強みです。

多業種にわたり宅建を活かせる仕事は数多くあり、独立も視野に入れられることから毎年多くの人が受験する人気の資格です。

宅建士になるまでにかかる費用は幾ら?

宅建士になるために最低限かかる費用は、受験料の7,000円です。ほかには参考書や問題集・過去問代として1万円程度見ておくべきでしょう。これから就職を考えている人は宅建に合格しておくだけで十分です。

実は試験に合格しただけでは宅地建物取引士証は交付されず、試験を受けた都道府県知事で資格登録を行う必要があるのです。資格登録の際に、登録実務講習の費用で2万5千円程度、登録申請手数料で3万7千円がかかります。

実務経験が2年以上ある人は登録実務講習が不要なので、登録申請手数料3万7千円だけですみます。宅建試験に合格して1年以上が時間が経っている人が取引士証交付申請をする場合には法定講習受講料1万2千円が必要です。

取引士証交付申請手数料は4,500円です。宅建を活かせる仕事はいくつかあり、必ずしも宅地建物取引士証が必要ではないこともあります。もしも仕事で宅地建物取引士証が必要ないなら、宅建に合格するところまでをしておけば十分でしょう。

資格登録をするためにはそれなりの費用がかかるからです。一度でも試験に合格すれば、その資格は一生残ります。いかがでしたでしょうか。宅地建物取引士になるためには複雑な手続きがあり、コストもかかることがわかりました。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

給料袋

宅建士の給料は安月給?平均の給料相場はどのくらいなの?

さまざまな資格のなかでも宅建は転職にも強いとして注目度の高い資格です。そんな宅建の給料としては、月給にプラスして資格手当が付与されたり、ボーナスや残業代も合わせると700万円以上の年収になるケースもありますが、あくまでぴんきりで年齢や所属先などによって違いも生じます。それでも年収の平均相場としては、300万円から600万円ぐらいで、年齢とともに給料も上がり、50代がピークとなっています。しかも役職につくとさらにアップし、部長などの役職ならば、800万円以上の年収になる場合もあります。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。