other

宅建の講座ランキング上位は何処?また宅建試験のおすすめ勉強法は?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

宅建の講座のランキングを見ると様々な資格予備校がありますが、時間がない場合は通信講座で学べる予備校を選ぶと良いでしょう。

例えば各資格予備校の中でも通信講座に特化しているユーキャンは合格者に占め割合がトップクラスです。平成28年の場合、1222名が合格し全体に占める割合は首位の3.99%でした。

宅建試験は独学で学習することもできますが、ユーキャンのような優れた資格予備校を利用するのがおすすめの勉強法です。

宅建の講座ランキング上位は何処なの?

グーサインする人

宅地建物取引士はかつて宅地建物取引主任者という名称でしたが、平成27年4月に変更となり士業化されています。一般的には省略して宅建士と呼ばれます。不動産業界など様々な企業が宅建士を必要としているため就職や転職に有利な資格です。

一般企業でも従業員に資格の取得を推奨しています。受験生のおよそ70%は不動産業界と直接の関係がない人たちです。宅建士になるには平均すると200時間から300時間の勉強が必要とされます。

市販されている参考書などを使用して合格することも可能ですが、宅建の講座を受講するとさらに効率的です。宅建士は毎年約20万人が受験し、3万人前後の合格者が存在します。

平成28年における各資格学校の合格者に占める割合ランキングを見ると、首位のユーキャンが合格者数1222名で3.99%となっています。2位のTACが合格者数1216名で3.98%、3位の資格の大原は706名で2.31%です。

フォーサイトは440名が合格し全体に占める割合は1.44%ですが、合格率は60.9%となっています。合格者数で選ぶのならばユーキャンがおすすめですが、合格率を重視する場合はフォーサイトがおすすめです。いずれも通信講座で学習を進めることができます。

宅建試験に一発合格するには通信講座がおすすめ?

将来不動産業界で就職や転職を考えている場合、宅建士の資格を取得しておくと就職時に非常に有利になるといわれています。

自分のキャリアアップのためにも宅建士の国家資格を取得しようと勉強をしている方は多いですが、通信教育や独学など様々な勉強方法があるため、どの方法が自分にあっているのか判断出来ない方も少なくありません。

宅建試験は他の国家資格に比べても合格率は平均で15~17%となっており、きちんと試験対策ができていれば一回で合格することも難しくありません。しかし宅建試験は問題の出題範囲が広いことから、いかに効率よく広範囲を勉強していくことができるかが鍵になっていきます。

自分のペースで勉強したいと考えている方なら、専門学校よりも通信教育がおすすめです。家事をしながら自宅で勉強を行うことが出来ますし、何より常に最新の教材で勉強することができるので、定期的に行われる法改正にも適切に対応することができるようになります。

宅建の講座では不明点を講師に質問できるのでわからない部分をそのままにせずに、きちんと理解して次のステップに繋げることが出来ます。

また宅建を初めて受験する場合、独学では教材選びの手間がかかりますが、通信教育ならあらかじめ試験に必要な勉強が行える教材が全て揃ってるので、すぐに勉強を始めることができる点も大きな強みです。宅建の講座は利用者の人気ランキングを参考にすることをおすすめします。

宅建試験のおすすめ勉強法は何?

宅建試験のおすすめ勉強法は宅建の講座を受けることです。実際に足を運んで講座を行う形もあれば最近ではオンライン上でも行っている所があります。

地方に住んでいたり有名な所は中々足を運ぶことは難しいですが、オンラインならば自宅に居ても受けることが出来ます。なぜ宅建の講座を受けるのがおすすめめなのかと言うと、先生が居るため分からない質問はすぐに聞けるからです。

一番多い勉強法として参考書や問題集が挙げられますが分からない問題があった時に誰にも聞くことが出来ません。自分で理解しないと行けないためどうして答えがこうなるのか分からないという問題も中には出てきます。講座ならば先生が居るのですぐに聞くことが出来ます。

それと参考書や問題集は膨大な問題数が書かれているため試験に不必要な知識まで理解することになります。試験に合格することが重要なので試験に出てこない問題は勉強する必要がありません。

効率も悪いため宅建合格力もつきにくくなります。宅建の講座ならば過去問を中心とした勉強方法がとられているため勉強法として効率が良いです。

以上の理由からおすすめの勉強法は宅建の講座を受けることとなります。どこの講座にすればいいのかは色々あるのでホームページなどを見て自分に合ったところを探すか、上位のランキングに乗っている所にするのがおすすめです。

宅建試験でやってはいけない勉強法はある?

宅建の資格は独学、要するに自分ひとりでも充分取得可能なものです。しかし、宅建試験が物凄く簡単というわけではありません。

他の資格や免許取得のようにある程度の勉強は当然ながら必須であり、効率的な勉強方法とやってはいけない勉強のやり方があります。やってはいけない勉強法ですが、完全に独学で進めることです。

絶対にダメというわけではありませんが、完全に自力で初心者が宅建勉強をすると、知識が偏ったり学ぶべきポイントを外してしまったり、あるいは文字通りテキストの最初から最後まで学習してしまい時間と体力の効率が悪いやり方になります。

同じ自力で宅建合格を目指すにしても、宅建の講座は利用したほうがお勧めです。これが推奨される学習方法であり、宅建の講座を個人的に受講すれば、数か月の学習だけで試験突破が目指せます。

宅建の講座はすでに複数のサービスが提供しており、どのテキストが良いかネットのランキングを見て比較検討しましょう。短期集中型の宅建の講座は、時間を節約して学びたい社会人に最適です。

反対に初心者向けの宅建講座はマイペースで資格合格を目指したい学生や主婦、フリーターの方々に最適であり、ランキングを参照して自分のライフスタイルに合致したものをチョイスすべきです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お札の上の帽子

宅建学校の費用は平均でどれ位?学校に通うと合格しやすくなる?

宅建学校の費用は平均は20万程ということが出来ます。勿論地域や講義形式によっても異なり、マンツーマンだともう少し高くなります。そんな宅建学校の宅建試験対策は週に1回~2回、4ヶ月~6ヶ月で設定しているスクールが多いと言えます。通信講座の平均は6万円程なので、学校に通った方が費用はかかります。ですが学校に通った方が効率よく必要な知識を学ぶことが出来るので合格しやすい、資格取得への最短距離と言えるでしょう。

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。