other

宅建を最短合格する方法とは?最年少で宅建合格した人の年齢は?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

宅建合格者の平均年齢は33才から36才となっていますが、合格者の最年少記録は小学6年生の男の子の12才4ヶ月で、最年長記録は90歳の方が保持しています。

このことからもわかるように、宅建は幅広い世代の人から支持されている資格です。しかし、毎年15%程度の受験者しか合格できず、なかなか資格を取得できない人も多いのです。

そのため、宅建を最短合格する方法について興味がある方も多いと思います。勉強方法としては「独学」「通学講座」「通信講座」がありますが、この中でも最も効率良く知識を身に付けることができるのが通信講座です。

ですから、宅建を最短合格することを目指している方は、通信講座を利用することをおすすめします。

宅建を最短で合格する方法はあるの?

カラフルな人のイラスト

宅建を最短合格する方法は通信制です。多くの人は独学で試験に合格しようとすると6ヶ月勉強が必要と言われていて費用は約15,000円ほどかかります。一方、通信制ではその半分の3か月で受験する事が出来ます。

自己管理が苦手な人でも自分のペースで続けられ、費用も30,000円台と安く短期間で資格取得できるのでおすすめです。

しかし、通信制のデメリットとして通学講座のように同じ資格取得を目指して切磋琢磨するライバルがいないのでなかなかやる気が出ないという事が挙げられます。

通学講座では期間は6ヶ月で費用は約1,000,000円ほどかかります。この方法は友達も増やすことが出来、先生に分からないところはすぐに聞けるという点で優れていますが値段が高く資格取得までの期間も長いです。

また、通学のためのスケジュールも合わせなければならないので忙しい生活をしている方にはあまりおすすめ出来ません。

このように宅建を合格するための方法は3つ挙げられます。独学と通信制と通学講座です。それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分の性格や目的などに合わせて選ぶ事が大切です。その中でも通信制で学ぶのは一番最短で資格取得出来るのでお勧めです。

宅建を受ける年代で多い年代は?

宅建を受ける年代で多い年代は30代です。一般財団法人不動産適正取引推進機構の調査によれば、合格者の平均的な年齢は35歳だとされています。正確には男性なら35歳、女性なら34歳です。

もちろん全体的な受験者の総数を図れば異なるかもしれませんが、合格者の平均的な年齢を顧みれば宅建の受験者の年齢は30代が多いと見てまず間違いないです。

30代の人間が宅建を求める理由、それはひとえに長く働けるからに尽きます。宅建という資格はその価値からして滅多なことで消失する事もなければ、雇用側から見放される事もないです。

おまけに基本的に事務仕事であるため、難しくありません。それにパート雇用であれば働きやすいうえに自分のペースを優先できるところもあるのが魅力的です。転職を考えている人間なら、取得して損のない資格と断言できます。

そんな宅建を最短合格する方法は毎日コツコツと勉強をするしかありません。30分でも構わないので、テキストを読み込みながら過去問題集に取り組んでいくのが有効です。

社会人が働きながら勉強するのは難しいかもしれませんが、仕事に慣れている30代なら生活のリズムを崩さないように効率よく取り組めるからこそ合格者が多いかもしれません。

宅建を受ける男女比の割合は?

宅建は50問の問題に回答する試験ですが、50問中20問は宅地建物取引業法から出されている問題です。また、合格ラインはだいたい35問程度、つまり7割答えることができれば合格に近づけます。

したがって、宅建の試験範囲を全て理解していなくても、合格することは決して不可能ではありません。宅建を最短合すする方法としてはまずは宅地建物取引業法の問題を全問正解にできるようにしておく事です。

また、宅建自体は他の国家試験に比べると受験者数が多いのですが、だいたい合格率は15%程度で維持されている状態です。男女比で見てみると、受験者の内訳はだいたい男性対女性が7対3の割合となっています。

また、合格者の内訳としては男性対女性が2対1となっています。さらに合格率に関しては男性対女性が4対6程度となっている年度もあり、女性の合格率の方が男性に比べると高くなっている状態です。

このように、男性に比べると女性の方が受験者数が少なくなっていますが、これは他の資格試験でも言えることなので、特別なことというわけではありません。宅建に関しては受験資格に制約があるわけではありません。

だから、性別だけでなく、実は年齢、学歴、経験などに関係なく誰でも受けることができます。

宅建に最年少で合格した人の年齢は?

宅建の資格試験に特に受験資格は設けられていません、学歴や年齢は一切関係ありません。つまり、誰でも宅建の資格試験を受験したい人であれば、申し込みをすれば誰でも受験することが可能です。

今までで宅建の資格試験の史上最年少合格者は12歳となっています。また、毎年の最年少はだいたい10代前半から半ばが続いています。具体的には小学生や中学生で合格をしているということになります。なお、合格最高年齢は90歳となります。

このデータから言えることは、宅建の資格試験は努力すれば合格できるということを意味しています。年齢が低いからだとか年齢が高いからといった年齢での不利有利は、このデータから関係ないことが分かります。

宅建を最短合格でするためには、きちんと要点を抑えながら学習することです。そうすれば、誰でも合格することができるチャンスがあります。勉強方法は近年難易度が上がっていますが、それでも過去問をしっかりと問題の肢ごとに正誤が理解できるように解いていきます。

何も満点を取る必要がないので、合格基準点を取っていくためには過去問レベルの問題は必ず解けるようにしておくことが大事になります。

応用問題も近年の問題に出題されますが、それは他の受験者も正答率が低くなりますので、絶対に間違えてはいけない問題をしっかり取るようにすることの方が重要になってきます。最短で合格を目指すには、正解率を上げることが必要不可欠となります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。

喜ぶ女性

宅建の難易度は独学でも取れるほど簡単で取得しやすい資格なの?

宅建の難易度は独学でも取得できるレベルで、国家資格の中では取得しやすいです。他の国家試験に比べると易しいものの、合格率は20%以下なので簡単に合格できるわけではないです。出題範囲が広いので、効率よく勉強を行う必要があります。独学だと自分のペースに合わせて勉強ができ費用もかからないというメリットがありますが、意志が弱いと勉強を継続できないというデメリットもあります。意志が弱い人の中には、モチベーションを高めるために専門スクールに通って勉強する人もいます。

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

宅建試験の合格ラインや合格率は低すぎて人気がない資格らしい?

宅建試験の合格ラインは、他の資格試験と低いとされているため、合格率は約16.5%だとされています。そのため合格率は低すぎるということはなく、他の資格試験よりも難易度が低いことから取得しやすいとして人気があります。実際に資格を取得しようと考えた場合、合格率が低いものはチャレンジしやすいので、挑戦したり自信を得るものとしては最適です。宅建合格で自信が得られたら、他の試験にも挑戦できるようになりますし、就職するときにも採用の時に評価されるに足るものだといえます。