other

宅建試験でおすすめの対策方法や勉強法のコツは何がある?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

宅建試験の合格は、勉強をしないと勝ち取ることができません。効率よく点数を取ることができる勉強をしたいなら、過去問を徹底的に勉強すること我がおすすめの方法です。

宅建の対策は、出題傾向の把握をすることがコツです。膨大な出題範囲の中から重要度が高い問題とそうではない問題を把握し、本当に必要な部分を重点的に、効率よく学習することができるのです。

よく出題されている問題については、より知識を深めておくことが合格のコツです。

宅建試験でおすすめの対策方法は何かある?

休憩スペースでパソコンを触る人

宅建の試験を受験したいと思っている方にとって、どのような対策をとっていけばよいかという事は大きな関心事ではないでしょうか。人それぞれ状況なども異なりますから、自分に合った宅建の対策をとっていけるようにしていきましょう。

まず、まったく宅建に関する知識や情報が無いという方はスクールを利用していくのがおすすめです。教材を自分で選定することもなく、最新情報も提供されるので、そのカリキュラムに乗っていけば合格へ近づいていくことが出来ます。

忙しい方やある程度知識がある方は、自分のレベルに合わせた市販教材を利用するとよいでしょう。特に重要なのが問題集です。時間が無いという方はまず問題を解いて見て、分からないことをテキストなどで調べていくという事を繰り返していくと点数に結びつきやすくなります。

小型の問題集なども持っておき、常にカバンなどに入れて外でも待ち時間などを利用して解いていくようにすると、勉強時間の確保につなげやすくなります。

忙しい中で受験される方も多いので、こうしたちょっとしたスキマ時間を利用して勉強を進めていくという事も宅建の対策としては非常に有効でおすすめできるものと言えます。ぜひこうしたことから挑戦してみましょう。

宅建試験に合格する勉強のコツとは?

宅建試験に合格するには、多くの判例や条文を覚えなければなりません。さらに、覚えるだけでなく活用できるようになることもポイントになります。そのため、しっかりと宅建の対策をするなら、本来は十分な時間をかけなければなりません。

しかし実際のところ、あまり丁寧に取り組んでいると、試験までに全範囲を学習しきれない可能性があります。そこでおすすめなのは、条件と結果に絞って覚えることです。

たとえば、農業をする土地を相続するという条件に対し、届けを出す義務があるという結果を暗記します。こうして条件と結果をセットで頭にいれておけば、たいていの問題に対して解を導出できるでしょう。

とはいえ、難易度の高い問題に対しては、この方法が通用しない事態も起こりえます。問題が複雑に書かれていると、どの条件に該当するのか分かりにくくなるからです。これに対しては、覚えるのと同時に理解度を高めておくことで対処できます。

暗記した際に、条件が当てはまるシチュエーションをいろいろリストアップしててみください。そうすることで理解が深まりますし、リストアップした中から出題されることも珍しくありません。暗記して理解するという流れを心がけましょう。

宅建は勉強しないと合格は不可能なの?

宅建とは宅地建物取引士という国家資格のことを指し、宅建試験という国が定めている試験に合格しなければ有資格者になることができません。

国家資格なので当然試験の内容も難しく、何の予備知識もない状態でまったく勉強しないで合格するのは、余程の天才でない限り不可能だと言えるでしょう。

実際に宅建試験の合格率は大体15パーセントから17パーセントだとされていますので、しっかりと勉強したとしても合格できないくらいの気持ちを持っておくべきです。

宅建試験は出題範囲がとても広いことでも知られており、独学で勉強したいと考えてもどの部分を重点的に学べばいいかが分かりにくいという問題があります。

そこで宅建の対策の際におすすめだとされているのが通信教育で、昨年度の試験の内容などからテキストが用意されており、非常に効率良く勉強することができるようになるのが魅力です。

ただし通信教育は相応のお金がかかってしまうので、とにかく出費を抑えたいという方は独学での勉強のほうがおすすめだと言えるでしょう。

また数こそ少ないものの、宅建の資格取得をサポートしてくれるような学校も存在しています。学費が非常に高いことを除けば、もっとも合格率が高いのが専門学校なので記憶しておくべきです。

宅建試験は一度落ちたらもう試験は受けられないの?

宅建試験は一度落ちたらもう試験は受けられないのかを気にする人は少なからずみられますが、そういうことはありません。宅建試験の合格率は、宅建試験の合格率は約15%から17%となっているので、かなり難易度は高めです。

よって、複数回受験する人のほうが多いと言えます。宅建の対策をすることによって、合格率を上げることは可能です。宅建に受かるためにはしっかり計画を立てて、地に足付いた勉強をしていけば独学でも充分に合格できるといわれています。

ただ、正しい勉強をしないとなかなか受からないことも事実といえるでしょう。1年に1回、毎年10月の第3日曜日に全国の会場で一斉に行われる試験ですが、試験の回数が少ないため宅建の対策はきちんと行う必要があります。

おすすめの方法は、まずは過去の試験傾向の把握をすることから始めます。特に例年の試験で比重が大きいのは宅建業法と呼ばれる宅建の定義や法律に関連した法律の問題です。これは、例年50問中20問くらいは出題されます。

他に比べて簡単で点数も取りやすい傾向があるため、まずは取りこぼしがないように満点を狙うくらいの意気込みで力を入れておきます。

また、権利関係に関しては難しいと感じる人は多いですが、ここを克服できるかが合格できるかどうかの境目ですのでここもしっかりと勉強しましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。

スーツを着た男性と家のおもちゃ

宅建は国家資格ではなく民間資格だった?資格も簡単で取得しやすい?

宅建は国家資格ではなく民間資格で資格も簡単で取得しやすいと考えている人がいますが、これは間違いで宅建は国家資格なのでこの点は十分に注意する必要があります。もちろん国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないので、出題範囲や出題形式をよく確認した上でしっかりと勉強することが大切です。ただ出題数は50問で全てマークシート方式ですしある一定の点数を取れば合格することが出来るので、あまり深刻に考えずに肩の力を抜いて勉強するようにした方が良いです。

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。