other

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

投稿日:

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。

一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

宅建は独学でも簡単に資格取得出来る?

勉強する人と時計のイラスト

宅建は独学でも充分、合格が目指せる資格です。数ある資格の中でも、実用性が高くそれでいて専門学校などに通わなければ取得できないものではありません。世間の大勢の人々が簡単に取れるため、宅建は独学で済ませています。

独学の利点ですが、専門学校に通う必要がないので非常に経済的です。コストパフォーマンスが最も良い方法なので、一人暮らしをしている大学生や貯金に励むオフィスワークの人々でも安心安全です。

また宅建は独学で進めたほうが逆に効率的であり、毎日一時間程度、資格勉強に充てるだけで簡単に突破できます。専用のテキストやホームページが用意されていて、他の資格よりもアドバイスやハウツー、合格突破へのノウハウが豊富なの宅建は独学でできるポイントです。

自分のライフスタイルに合わせてコツコツと、学んでいけるのも利点となります。宅建は履歴書に堂々と明記ができる資格であり、これから転職や就職活動をひかえている人々に最適となります。

世間には履歴書に明記しにくいもの、あるいは明記しても評価されにくいスキルがあるのも事実です。一方で宅建は世間的にも評価されやすいスキルであり、大学生や専門学校生の間に取得しておけばアルバイトや就職活動の面接で、評価されること請け合いです。

宅建を取るなら独学が一番良い?

不動産業界で働くためにも、非常に重要視されているのが宅建士です。不動産取引をするためにはこの宅建士が必要不可欠なため、不動産業界への就職や転職を検討している方は、自分の武器として資格取得を目指している方が増えてきています。

ただ宅建試験は、50点満点で35点前後の正解率が必要とされ、平均で合格率は約15~17%です。

そのため司法書士といった国家資格と比較するとそこまで難しくないレベルであり、国家資格の中ではきちんと勉強と試験対策を行えば合格することが可能だといわれています。

ただ宅建試験は出題範囲が広い特徴を持っているため、効率よく勉強を行えるかが非常に重要となります。

一般的には通信教育や専門学校に通学することで勉強を行う方も多いのですが、社会人で仕事をしている方や家事で忙しい中で通信教育を上手く活用している方など、その人の生活スタイルに合わせて勉強を行う方も多いです。

宅建は独学をする人は多く、自分のペースに合わせた勉強が行えることや、苦手な分野を自分で分析して徹底的に勉強することができるなど、自分の生活スタイルにあわせて簡単に勉強を行えるメリットがあります。

そして何より専門学校や通信教育に比べても教材費以外の費用が一切かからないので、最小限のコストで勉強を行いたい方にも向いています。

宅建資格は初心者でも取得しやすい資格なの?

宅建資格は初心者でも取得しやすい資格なのかどうかですが、他の法律に関連する資格試験と比較をすると簡単な方です。出題傾向には例年さほど違いもないことで、試験への対策もしやすく、準備をキチンとして勉強をすることで合格を狙うことができます。

何年も専門的なスクール通いをする他の法律系とは異なり、宅建は独学でも合格を目指せる国家資格です。難易度ですが試験合格率から見ると15%から17%ほど、試験としては50点満点であり、合格のライン70%以上の正答率になります。

いくつもの法律系国家資格試験がありますし、司法書士などもそうですが、それらよりは難しくはないです。そのため法律系国家資格を目指す中でも、宅建が合格率も割と高めといえます。効率的な勉強を積み重ねていく必要がありますが、それは出題の範囲が極めて広いためです。

意志が弱いと途中で挫折をすることもありますが、宅建は独学でも目指すことができます。毎日の勉強時間は自分の都合に合わせることができますし、学校との契約ではないので教材費用以外に無駄なお金もかかりません。

それぞれに苦手な部分は出てきますが、独学だったら徹底して苦手分野も自分で勉強をすることができます。

宅建は合格が難しいから初心者には向いてない資格?

宅建は独学でも十分合格できるほどの資格試験ではあります。資格試験の予備校では最近の宅建の資格試験は難易度が上がっているので独学は厳しいと言われることもありますが、決して初心者に向かないものではありません。

宅建は法律系資格試験の中では簡単な部類に入ります。ですが誤解がないように言うならば、初心者が受験するには決して簡単ではありません。宅建は競争試験であって、合格率は全受験者の中か上位約17%前後になっています。

この数値からも分かるように決して楽に合格できるとまでは言えないわけです。法律系の資格試験には行政書士や司法書士さらには土地家屋調査士などがありますが、合格率は1桁ということもあります。

行政書士の場合には年によって2桁になることもありますが、それでも10%ちょいとなります。そういう意味で、宅建は法律系資格試験の中ではまだ簡単な方であるということなります。宅建はサラリーマンをしながらでも時間をかければ独学でも合格は可能です。

最近は、市販本である宅建の教材も良いものが販売されていますので、努力しだいでは合格は十分可能となっています。

勉強で分からないことがあればインターネットを使えばたいていのことは調べられますので、資格試験予備校に通わなくても自分自身で手間と時間をかけることで分からないことを解決することができます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の独学は初心者には難易度が高すぎる?おすすめの勉強法とは?

宅建の独学は初心者にとってはあまりにも難易度が高いので、独学はやめた方が良いです。おすすめの勉強法は、スクールに通ったり通信講座を受講することです。これらを活用すれば、わからないところがあれば先生に質問することができます。最近の通信講座は動画で授業を受けることができることもあるので、スクールに通うのと同じような効果もあります。どちらでも構いません。自分のライフスタイルに合わせてこれらから選んでみてください。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建試験の合格ラインや合格率は低すぎて人気がない資格らしい?

宅建試験の合格ラインは、他の資格試験と低いとされているため、合格率は約16.5%だとされています。そのため合格率は低すぎるということはなく、他の資格試験よりも難易度が低いことから取得しやすいとして人気があります。実際に資格を取得しようと考えた場合、合格率が低いものはチャレンジしやすいので、挑戦したり自信を得るものとしては最適です。宅建合格で自信が得られたら、他の試験にも挑戦できるようになりますし、就職するときにも採用の時に評価されるに足るものだといえます。