other

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

投稿日:

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。

試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。

宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建の過去問は何年分あるの?

たくさんの時計の絵

宅建試験は昭和33年に開始されたので、宅建の過去問は60年分以上あることになります。しかし、それを合格を目指す人がすべて解く必要はありません。

知識で問われる法律は改正されますし、傾向は年々変わってくるため、今の状況に合っていない過去問を解いたところでまったく意味がないからです。宅建の過去問集は市販されていますが、それには一般的に10年分の過去問が掲載されています。

対策をする上では、10年分を解いていれば問題ないでしょう。これくらいの期間の問題であれば、同じような問題が出題されることも少なくないため、解くことで同じような問題を解ける力を身に付けることが可能です。

また、それより前の問題であってもよく聞かれる必要知識についての問題であれば、過去問ではなくオリジナル問題集に取り入れられていることもあるため活用すると良いでしょう。

これらをやっておけば、少なくとも試験で問われる知識を身に付けることは可能です。現在は受験資格制度が廃止されて誰でも受験が可能なので合格率は低くなっていますが、きちんと対策をすれば受からない試験では決してありません。

せっかく活用できるものがあるので、本気で受かりたい方は活用しましょう。

宅建の過去問は何年分やれば合格出来る?

宅建試験の対策として宅建の過去問を何年分やれば合格ができるのか言いますと、一般的には10年くらいだと言われています。それ以上前になると逆に古すぎてしまって、宅建の試験対策にはならないことも多くなります。

そこで、過去10年分にわたって過去問を解いていくのが最も理に適っています。なお過去問を解いていく際に10年分をただ解いていけば良いのではなく、肢ごとに理解しながら解いていく必要があります。

なぜこの肢が正解なのか間違いなのかを自分自身で理解しながら問題を解いていくことがポイントです。宅建は4択ではありますが、その問題が正解なのか間違っているのかを考えるのではなく肢ごとに正解なのか間違っているのかを考えていきます。

そうすることで、近年出題されることがある個数問題にも対応することができます。個数問題は4択であっても全ての肢を理解しておく必要があります。

それは、4つの肢の中から正しいものは幾つあるのか又間違っているものは幾つあるのかといった出題がされるのが個数問題の特徴となります。

個数問題の正答率は下がるので問題の難易度が上がります。かつての宅建試験には個数問題の出題は見受けられませんでしたが、近年はこの個数問題の出題が増えてきています。

宅建の過去問は試験対策にならない?

宅建の過去問は、試験対策に十分活用することができます。そもそも、試験でどのような問題が出題されるのかわかっていなければ対策の施しようがありませんが、宅建の過去問を解くことでまず出題形式がわかります。

そして、どのような分野が良く聞かれるのかも、何年分か解いていればわかってくるので対策もしやすくなるはずです。市販されている宅建の過去問をまとめている書物には、出されている分野の分析等もなされているため、それを見れば把握することができるでしょう。

一般的には、10年分の宅建の過去問を解けば合格することができると言われています。もちろん、この解くというのは単に問題を解くのではなく、そこで問われている知識を獲得することも意味します。

論点には頻出のものとそうではないもの、ほどほどのものなどランク分けをすることができますが、ほどほどのものまでマスターしておけば、あまり出題されない論点を落としたとしても合格できるはずです。

範囲が広いと対策も大変と感じるかもしれませんが、出題傾向がわかれば無駄な勉強をせずに済むため学習は効率的になります。したがって、ぜひ宅建を受ける方は宅建の過去問を10年分は解いておくようにしましょう。

宅建の勉強時間は他の資格と比べて少ない?

宅建で注意しなければならない点の1つが、出題範囲が広いという点です。そのため出題範囲をカバーしようと思うと、ある程度の勉強時間の確保が必要です。

1つずつの項目にかけられる時間がほかの資格と比べて少ないという場合もあるので、効率よく学習を進めることを忘れないようにしましょう。

例えば効率よく学習するためには、宅建の過去問を活用することも大切です。実は過去の出題傾向をチェックしてみると、似たような問題が出題されるケースも多く見られます。

そのため過去問を繰り返し解くことによって、効率よく宅建の試験対策を行うことにもつながります。

実際に宅建の過去問を解くときには、1年分だけではなく5年分などある程度の量をこなすことも大切です。複数の過去問に触れることで、出題されやすい問題をつかむことにもつながります。

余裕があれば10年分もしくは20年分の過去問に挑戦してみるのも1つの手です。ただし数をこなすことに集中するのではなく、限られた時間でも答えを理解したうえで次に進めるようにすることが大切です。

範囲が広く勉強時間が限られる可能性が高いからこそ、1つずつの問題を理解して同じ間違いを2度しないように工夫していきましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建士の5問免除とは?誰でも試験で5問免除してくれるの?

宅建士の5問免除では、宅建試験50問中の5問は正解にされるため、残り45問に応えることになります。宅建業に従事する方のみが対象で、登録講習を受講して試験に合格すれば5点免除の資格が得られます。5問免除の有効期限は3年なので仮に宅建試験に万が一落ちたとして受験3回目までは5点免除が適用されます。4回目からは再度、登録講習を受講して5点免除を得る必要はありますが、宅建業に従事する限り何度でも5点免除は使えます。

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。