other

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

投稿日:

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。

宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。

そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

宅建の難易度は高くないって本当?

たくさんの人形

宅建の難易度は高くはないと言われることもありますが、それには一定程度は当てはまります。合格率が15%ほどというのは、数字上は明らかに低いので、難易度は高いとも思えます。

しかし、宅建の試験は受験資格が特定の人に制限されていないため、誰でも受けることが可能です。その中には、真剣に合格を目指しているのではなく、軽い気持ちで受験する方もいます。

受けやすい試験で多くの人が受け、その中でも軽く受ける人も多いことから、合格率が低くなっています。そして、真剣に合格を目指している方にとっては、さほど難しい試験でもありません。

法学部で法律を学んでいる学生などは、在学中に合格する人も多いです。全く法律分野の授業を受けたことがない人にとっては、とても難しく感じるかもしれませんが、宅建で問われる知識は割と法学部で法律の授業を受けて勉強している人にとっては、そこまで難しいものでもありません。

また、法的な考え方が身に付いているため、どうやって勉強すればよいのかわからないといったこともなく、すんなりと勉強もすることができるので合格率は高くなります。法学部以外の人は、そうした基礎的なことを予備校の講座等で学べば、同じように近づくことができるはずです。

宅建資格の合格率はどれくらいなの?

宅建資格の合格率は例年15%前後であって、これを見れば宅建の難易度は高いと思うでしょう。確かに、決して簡単な試験ではないことは事実ですが、この数字が示すほど難関な試験でもないのが事実です。

なぜ合格率がこれほど低いのかというと、宅建は受験するための条件がなく、誰でも受けることができることが理由です。だれでも受けられれば、本来合格を目指すことのできるレベルではない人も多数受験します。

そうした人たちが多く、それが合格率を下げていることにつながっているわけです。したがって、きちんと対策をしている層に限っていると、実質合格率は30%くらいとも言われており、十分に合格を狙うことができる資格試験でしょう。

難易度は思ったほど高くはないとはいえ、まったく法律にかかわったことがない人にとっては難しいです。法律的な考え方や判例知識は必要で、それがないと勉強していてもあまり頭に入ってこないはずです。

そのため、最初に基礎的な法律学の考え方について書かれている入門書を読むのがオススメとなります。また、テキストを使って勉強したり、過去問を解いて実戦形式に慣れたりすることも重要で、それが自分で管理できるなら独学での合格も可能です。

宅建士になるのに向いている人は?

宅建は日本でも一番人気のある資格の一つで、毎年約26万人の方が受験される人気の高い資格の一つです。毎年多くの方が受験していますが、宅建の難易度は、合格率を平均して受験者数の約15%と推移しています。

問題の出題形式はマークシートによる択一試験であり、毎年の合格ラインが定まっており、そのラインを超えた方を自動的に合格者とするシステムです。

ただ宅建の難易度が高い理由には、出題される問題の範囲が広い点、また細かな法律の知識を有する点があるため、択一といえども回答がしにくい点があります。

もっとも宅建士になる上では、こうした試験に合格する能力を身に着けていることを重要視されます。当然、業務を行う中でも必要となる事柄が出題されることも多いため、それを知識として有していることが必要です。

また向いている人は、不動産取引が多額の金額が絡む取引になるため、冷静な判断をすることができるかどうかという点がポイントになります。他にもお客さんとのコミュニケーション能力や責任感を持った誠実な姿勢などが問われることも多いです。

不動産取引では後でトラブルになることが多いので、事前に説明をしっかり行うことが重要で、お客さんの様々な問いかけにしっかりと受け答えができる能力を有する人が向いています。

宅建士は人気が無い職業って本当?

「宅建士は人気がない」、このように囁かれる理由は様々です。まず考えられる事として宅建の難易度は実は高い事が挙げられます。宅建の受験の難易度は国家資格のなかでは圧倒的に低いものの、それはあくまで国家資格という枠組みの中での話です。

実際のところは10人中1人から2人程度の合格者しかおらず、「話とは違った」という実体験がマイナスのイメージにつながっています。このイメージを発端とする評価は、宅建士そのものにも影響を与えているほどです。

宅建は受験するための条件が緩いため、誰でも試験に参加できます。しかし皮肉なことにそれが「誰でも簡単に取得できる」と見なされ、底辺に位置する職業と白い目で見られる事が多いです。

おまけに宅建で生活費を稼いでいる人は現在大勢いるため、その多さから平均的な年収は400万円から500万円となっています。さらに言えば「せっかく資格を得たのに営業職を任される」といったケースも多々あり、その多くは男性が圧倒的です。

宅建は事務仕事なので女性が任されやすいですが、その分男性に任される事はなく、その不満がいつしか宅建士への不満に変わっていくと言われています。付け加えるなら、営業と事務では収入の差があるところも不満の1つです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

宅建の難易度や合格率はどの位?勉強時間は平均で何時間?

宅建の難易度や合格率の詳細は年によって変化しますが、国家資格の中では比較的合格しやすい存在と言えます。ただし、その合格率は平均15%前後を推移しており、決して簡単な試験ではありません。そんな宅建の取得には、一般的に平均400時間ほどの勉強が必要です。その際、講習などを活用せずに独学で試験に備える場合、関連情報を全てを自分で把握する必要が出てくるので、合格に必要な勉強時間は更に長くなる可能性があります。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。