other

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

投稿日:

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。

従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。

過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。

ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。

宅建の勉強時間は学校に通うより独学が圧倒的に短い?

教室

宅建を勉強する上では、学校に通う方法と独学で勉強する方法の二つが存在します。学校に通う場合には宅建に合格するためのコツを伝授することができたり、馴染みが少ない不動産取引・法律のことを教えてもらえるメリットがあります。

一方、自分で参考書を入手したり通信教育などを利用できれば、独学でも勉強することが可能です。宅建の勉強時間は独学の方が短いかどうかについては、ケースバイケースということができます。

ただ学校に通う上では通学・帰宅の移動時間が含まれてしまうため、その分、勉強時間が長くなってしまう傾向があります。独学の場合は、自宅で勉強をすれば良いので移動時間がかからないメリットが存在します。

なお学校に通う方が実際に合格するためのポイントを教えてくれる場合もあったり、問題の解き方などを解説してくれることもあり、ピンポイントの学習が行えるメリットがあります。その分だけ無駄を省いた勉強になり、学校に通っている時間だけ集中して勉強すれば良いのがメリットです。

宅建の勉強時間は独学の方が短いという説がありますが、それは人によると言えます。独学の方が問題の解き方を自分で習得しなければならず、その分だけ勉強時間が長くなってしまうことも存在します。

宅建の勉強時間は学校でも独学でも大して変わらない?

これから宅建試験の勉強をしていく上で独学か学校に通うかを選択することにあります。原則として、宅建の勉強時間は独学の方が学校に通うよりも時間がよりかかります。これはあくまで原則でありますので、原則があれば例外もあるわけであります。

例外的なケースとして、以前から法律の知識がある方であれば独学で勉強しても短期間で合格してしまう方もいらっしゃいます。

例えば大学で民法や区分所有者法さらには建築基準法などの法律の学習経験がある方や司法書士や行政書士などの資格試験の勉強をしたことがある方であれば、学校に通わずとも少ない勉強時間で合格も十分可能です。

逆に全く法律の勉強をしたことがない初学者の場合には法律用語や法律特有の勉強方法などに慣れるまで時間がかかりますので、それだけ多くの勉強時間を要します。そこで学校に通うと一から全て講師が教えてくれますので効率的に勉強をしていくことができます。

以上のように宅建の勉強時間は受験者一人一人の状況によります。法律学習経験者かそうでないかによっても、勉強時間は大きく変わってきます。勉強時間は受験者の法律学習経験の有無によって大きく左右されることもあります。

従って独学か学校かによって勉強時間が変わることもあれば、受験者の法律学習経験によっても変わることがあるわけです。

宅建士になるには平均どれくらい勉強した方が良い?

宅建試験にかかる勉強時間は人によって大きく異なります。一般的には平均300時間くらい必要であると言われていますが、その時間はあくまで目安となります。

ある人は100時間程度で合格してしまう方もいらっしゃいますし、300時間以上かけて合格する方ももちろんいらっしゃいます。それに宅建の勉強時間は独学か学校に通うかによっても、学習時間は異なってきます。

宅建試験は法律系試験の中では登竜門だと言われていますので、法律の勉強をしたことがない初心者の方も多く受験されます。また、法律の勉強経験がある方であれば学習時間も初心者の方と比べると短くなります。

宅建の学習で一番時間がかかるのが民法です。民法はある程度時間をかけないと理解するのが難しく科目となります。それは民法の条文だけでなく判例も理解する必要がありますので学習時間が自ずとかかってしまいます。

サラリーマンの方で短期間で宅建に合格したいのであれば学校に通うことです。そうすることで効率的な学習ができますので、それだけ学習時間を短くすることも可能です。

独学の場合であっても、努力しだいによっては平均学習時間300時間よりも短い時間でも合格も十分可能であります。そのためには評判の高い市販本で学習することが必要不可欠です。

宅建士になるには大学に出てないと合格できない?

宅建の受験資格は特に制限されていないため、大学に出ていないと合格できないというわけではありません。現に、13歳の人が合格したこともあります。

つまり、宅建は制限がないですし、知識がその学力に達していれば誰でも学歴に関係なく合格することができます。宅建の勉強時間は独学だと長くなってしまうかもしれないので、人によっては予備校を活用したほうが良いでしょう。

大学なら学校によっては資格試験講座を用意していて、お金をかけずに対策をできる場合もあるので活用をおすすめします。宅建は暗記も必要ですが、その根本にあるのは法的な考え方であり、暗記をするのは概念や具体的な事例における判例知識です。

ただ、司法試験とは違って宅建の試験で問われるこうした知識はとても基礎的なものであるため、法律学の基礎的な考え方を身に付けている人なら、覚えていくことは難しいとは思わないはずです。

ただ、それを身に付けていない人にとっては何を言っているかわからないと感じるのは致し方ないので、独学するなら市販されている宅建向けのテキストを購入し熟読しましょう。

コンパクトにまとめられているので基礎的なものはみにつくので、後は過去問を解いて知識を定着させていけば合格するはずです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文房具

宅建の試験日は年二回ある?他の資格と比べてチャンスは多い?

宅地建物取引士になるためには国家試験に合格する必要があります。しかし、中には宅建の試験日は年二回あるので他の資格と比べてチャンスがあると思っている人がけっこういます。しかし宅建の試験は年に1度しかないのでこの点は注意する必要があり、チャンスは他の国家試験と同じなので余裕を持って勉強することが大切です。ただ難易度はそれほど高くはないのでしっかりと勉強すれば合格するのは難しくはないのですが、それでも国家試験であり試験範囲も比較的広いので油断をせずに学習した方が良いです。

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。