other

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

投稿日:

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。

ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。

順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

宅建の勉強は順番があるって本当?

グラフと矢印

宅建の勉強は順番があると、試験に挑む人たちや過去に挑んだ経験のある人たちの間では、時々そのような情報が出回ります。果たしてその情報は正しいのでしょうか。正しく答えるのだとしたら、ノーでありイエスでもあります。

宅建の試験を受ける際に「こうでなければいけない!」というような絶対的な勉強の順番は存在していませんが、自分が吸収しやすい順番を見つけて勉強を進めていくべきではあるからです。そういう意味では、宅建の勉強は順番があると言えるでしょう。

宅建試験に受かるためには、様々な知識を自身の中に取り込む必要があります。だからこそ、自分が覚えやすい箇所から覚えていかないと試験日までに必要な箇所を全て覚えることは不可能と言っても過言ではないでしょう。

例えば、難しい言葉を覚えるのが得意な人は試験に出そうな言葉の暗記から行う方が効率はグンとよくなります。ルールや決まりについての記憶力が優れているのであれば、そういった方面から攻めていけば自信を持って他の部分も覚えていけるはずです。

こうした自分なりの勉強の順番を見つけるためにも、勉強を開始する前に自分が得意な覚えられるジャンルについて、今一度考えておくことをおすすめします。

宅建の勉強は順番通りにするのが合格への近道?

宅建の試験は権利関係、宅建業法、法令上の制限そして税金その他の4科目から出題されますが、この中で問題数が多いのが宅建業法と権利関係で約7割になります。

試験の為に勉強する方法は、独学でテキストと問題集(過去問)で試験を受ける方もいますが、一般的には通信養育やセミナーに行く方が多くいます。

通信教育などで宅建の勉強は順番で権利関係、宅建業法そして法令上の制限と税金その他でテキストが構成されていますが、この順番で勉強ですれば問題有りません。

大人になってから宅建の資格を取る方が多いため、仕事の合間に勉強したり、勉強を学生以来行っていないと言う方もいます。

この場合、試験のための勉強を途中でやる気を無くさないことが大切で、実際に不動産業界にお勤めで有れば、実務で必要な宅建業法、権利業法そして法制上の制限の順番で勉強しても構いません。

宅建は分野ごとに試験問題が決められていますので、一般的に言われている宅建の勉強は順番通りにすることで問題有りませんが、ご自身の勉強する科目の順番を決めて途中で変更しないことが大切です。

基本的にご自身が使用するテキストや通信講座の順番通りに勉強すれば試験に合格出来るように作られていますので、宅建の勉強は順番通りで構いません。

宅建の試験は合格枠が少ないって本当?

宅建の試験を受けようと検討している方の中には、合格枠が少ないというイメージを持っている方もいます。ですが実際にはそのようなことはなく、合格枠が存在しているわけではありません。

そのため試験を受ける場合には、上位に入ろうと考える必要はないのです。大切なのは上位になることではなく、合格に必要な点数を取ることです。試験で7割以上の正解をすることで、合格することが可能です。平均的な合格率は15%となっています。

では合格するためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。例えばポイントの1つとして、宅建の勉強は順番に行うという点があげられます。出題範囲が広いので、あれこれ手を出して効率の悪い学習方法を行ってしまう方も多くいます。

そこで順番に行っていくことで、効率よく出題範囲をカバーしていくことにもつながります。実際に宅建の勉強は順番が大切といわれても、どのように学習を進めていけばいいのかわからないという方もいるでしょう。

そのような方は、人々の体験談を参考にスケジュールを立てるのも1つの手です。一人で効率よく学習を進めるのが難しいという方は、通信講座などを活用することも可能です。自分に合った形で効率よく順番に勉強していくことが大切です。

宅建試験は何点で合格出来る?

宅建試験は毎年、約30万人以上が受験される人気の資格ですが、近年は不動産取引における士業に位置付けられたこともあり、さらに受験者数も増加しています。

もっとも宅建は難易度が高い資格として説明されることも多く、多くの方が何度も受けても合格しないという事情もあったりします。

もっとも宅建の勉強は順番が存在するのも事実で、あくまでもメインは宅建士として業務に携わる上で必要な知識を有しているかどうかです。つまり宅建業法に関しては20問と出題範囲も広いため、それをメインに勉強の軸を設けることがポイントとなります。

その後に始めに出題される民法の14問を勉強していくことが理に適っています。宅建の勉強は順番が重要で、多くは試験で始めの方に出題される民法をマスターをしようとするものです。

しかし民法は紛らわしい問題が多く正答にてこずることも多いため、比較的に回答がはっきりして答えやすい宅建業法を中心に勉強を始めます。毎年、50問出題されますが、年度ごとに合格基準点は変化しています。

その合格基準点は50問中、31問から37問までの正答で合格とすることが多いです。従って宅建試験で本格的な勉強を行う上では、8割の正答を目標にして勉強を行っていくのがポイントになります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の勉強スケジュールは細かに計画した方が合格しやすい?

宅建の資格取得を目指して勉強する場合、勉強時間が長ければその分合格しやすいという訳ではありません。効率よく勉強をして、目標の点数を確実に取ることで1か月前や3か月前からの勉強でも合格することが可能です。宅建の勉強スケジュールは、細かく計画していくよりも大まかでも良いので、時間調整をしながら目標の部分をしっかりと回答できるように覚えることが重要です。毎日のスケジュールをたてるよりも、1か月の勉強量から1週間の学習内容を割り出し、1週間単位でクリアしていくことをおすすめします。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。

喜ぶ女性

宅建の難易度は独学でも取れるほど簡単で取得しやすい資格なの?

宅建の難易度は独学でも取得できるレベルで、国家資格の中では取得しやすいです。他の国家試験に比べると易しいものの、合格率は20%以下なので簡単に合格できるわけではないです。出題範囲が広いので、効率よく勉強を行う必要があります。独学だと自分のペースに合わせて勉強ができ費用もかからないというメリットがありますが、意志が弱いと勉強を継続できないというデメリットもあります。意志が弱い人の中には、モチベーションを高めるために専門スクールに通って勉強する人もいます。

宅建を最短合格する方法とは?最年少で宅建合格した人の年齢は?

宅建合格者の平均年齢は33才から36才となっていますが、合格者の最年少記録は小学6年生の男の子の12才4ヶ月で、最年長記録は90歳の方が保持しています。このことからもわかるように、宅建は幅広い世代の人から支持されている資格です。しかし、毎年15%程度の受験者しか合格できず、なかなか資格を取得できない人も多いのです。そのため、宅建を最短合格する方法について興味がある方も多いと思います。勉強方法としては「独学」「通学講座」「通信講座」がありますが、この中でも最も効率良く知識を身に付けることができるのが通信講座です。ですから、宅建を最短合格することを目指している方は、通信講座を利用することをおすすめします。

宅建士の5問免除とは?誰でも試験で5問免除してくれるの?

宅建士の5問免除では、宅建試験50問中の5問は正解にされるため、残り45問に応えることになります。宅建業に従事する方のみが対象で、登録講習を受講して試験に合格すれば5点免除の資格が得られます。5問免除の有効期限は3年なので仮に宅建試験に万が一落ちたとして受験3回目までは5点免除が適用されます。4回目からは再度、登録講習を受講して5点免除を得る必要はありますが、宅建業に従事する限り何度でも5点免除は使えます。