other

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

投稿日:

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。

宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。

独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建の勉強はいつから始めたらいいの?

スタートと書かれた道

宅建の勉強はいつからというのは、それぞれの知識レベルによって異なりますので、なるべく早い段階で始めるのがおすすめです。

一般的な合格に必要な時間は300時間と言われていますので、自分が勉強に使える時間と試験までの時間を逆算すれば、目安はわかると思います。

ただ、この目安は個人差をまったく考慮していないので、人によってはそれよりかかることもあればかからないこともあるわけです。したがって、やろうと思った時に即始めるのが一番良い考えとなります。

躓くところがあればそこを覚えるためには時間がかかり、直前期に追い込もうと思っても間に合わない可能性があります。もし、かなり前から準備をしていれば、余裕を持って勉強できるので間に合わせることができるでしょう。

また、心理的にも追い込みで間に合うかどうかわからないプレッシャーの中勉強しても、あまり知識の吸収率は高くありません。時間に余裕があればじっくりと学べる環境であるため、心理的にも余裕を持てるので覚えていきやすくなります。

よく、あまり勉強せずに受かったという話も聞きますし、その逆も聞きます。これらはそれぞれの人ごとの知識レベルが異なるため、それが自分にも当てはまるとは考えない方が良いです。

宅建の勉強はいつから本格的に始める?試験日一か月前?

宅建の勉強は出題範囲も広く、しかも中身の濃い専門知識を必要とすることからも勉強自体は早く始めた方が良いです。もちろん択一試験であるため、専門知識を必要としないで回答のためのテクニックを活用すれば解ける問題もあります。

もっとも試験日一か月前から始めることになると、出題される試験問題をヤマをはる形で勉強をすることになってしまうので、得策ではありません。最低でも半年前から余裕をもって始めることが理に適っています。

宅建の勉強はいつから始めたかについては、試験日の1年以上前が比較的に多いのが特徴的です。例えば1年目に宅建試験を受験して、その年は不合格になり、それ以降に本格的に勉強を始め、二回目に受験したときに合格するパターンも多かったりします。

効率的な勉強を行った場合、一日三時間の三か月ぐらいの勉強で合格するケースもありますが、比較的に稀になるかもしれません。宅建の勉強はいつから始めるのが良いかについては、人それぞれなのは確かですが、法学部に通う学生であれば法律はお馴染みなので短期で合格も可能です。

社会人の方は仕事を持ちながら帰宅後に勉強するパターンが多いので、時間にも限られてしまうので、最低でも半年前から始める必要があります。

宅建の勉強サイトは役に立たない?

宅建の勉強はいつから始めるべきなのか、具体的な時期は十人十色です。平均すると、三か月から二か月程がベストとなります。

一日数時間の勉強量なら、そのタイミングでも十分であり、いわゆる半年から一年前から絶対に準備しなければ宅建は受からない、というハードルが高いものではありません。

最近では宅建の勉強用サイトが置かれており、独学でも十分学べます。もちろん専門学校などに通ったほうが効率的ではあります。

しかし、何も理想的なカリキュラムを受けなければ合格しないものではなく、独学でも100時間前後の時間、宅建資格の勉強をすれば普通の男女でも高確率でクリア可能です。

サイトで勉強するメリットですが、自分のペースで学べる点でしょう。役に立たないと指摘されることもありますが、これは他の分野も同じ、いわゆる情報量が少ない宅建アドバイスのサイトを見ていてはさすがに効率が悪いです。

ですが、検索を工夫して行うことで、素人に優しくて的確なハウツーが掲載されたサイトがあります。

よいサイトで勉強すれば短時間でスキルアップができますし、傾向と対策が分かれば、より少ない労力で資格合格が目指せるので、社会人の方や多忙な大学生、フリーターの方こそサイトの活用がおすすめです。

独学で勉強している人は宅建の勉強サイトが一番役に立つ?

宅建の勉強はいつから始めるべきかと言えば、合格を目指したいと思った時に始めるのが良いです。試験の時期に合わせて勉強を始めるというのはやめた方が良いでしょう。

それぞれの宅建に出題される範囲の知識レベルは異なりますし、覚えるまでにかかる時間も異なります。したがって、一概にどのくらいの時間の勉強をすればよいかは応えられないため、試験の何か月前から始める、といったような指針は意味がないのです。

独学で勉強しようと考えている方は、宅建の勉強サイトを活用すると、どこから始めればよいのかわかりますのでおすすめです。

早めに始めておけば、こうしたサイトを活用しながらどの分野から手を付けていけばよいかや、おすすめのテキストについての情報が得られるため、本番までに入念な対策をして受験できるようになります。

宅建の分野にかかわったことがない人にとっては、本当に何からやり始めればよいのかわからないはずです。勉強サイトは経験者がまとめていることが多いので、初心者がわからないこともわかりやすく経験者目線でまとめているので、参考になります。

無料で閲覧することができますし、宅建に関する情報を幅広く取り扱っているため活用しましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建の勉強スケジュールは細かに計画した方が合格しやすい?

宅建の資格取得を目指して勉強する場合、勉強時間が長ければその分合格しやすいという訳ではありません。効率よく勉強をして、目標の点数を確実に取ることで1か月前や3か月前からの勉強でも合格することが可能です。宅建の勉強スケジュールは、細かく計画していくよりも大まかでも良いので、時間調整をしながら目標の部分をしっかりと回答できるように覚えることが重要です。毎日のスケジュールをたてるよりも、1か月の勉強量から1週間の学習内容を割り出し、1週間単位でクリアしていくことをおすすめします。

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。