other

宅建の独学は初心者には難易度が高すぎる?おすすめの勉強法とは?

投稿日:

宅建の独学は初心者にとってはあまりにも難易度が高いので、独学はやめた方が良いです。おすすめの勉強法は、スクールに通ったり通信講座を受講することです。

これらを活用すれば、わからないところがあれば先生に質問することができます。最近の通信講座は動画で授業を受けることができることもあるので、スクールに通うのと同じような効果もあります。

どちらでも構いません。自分のライフスタイルに合わせてこれらから選んでみてください。

宅建の独学は初心者には難易度が高い?

ノートの上の眼鏡

不動産業界や投資業界からの需要の高い国家資格である「宅建を取得したい」と独学で勉強を始める人もいるでしょう。

宅建は、法律や土地や建物の売買に関する専門知識を必要とするため、今までこうしたことに触れたことのない人にとっては専門用語も多く出てくるので、宅建の独学は初心者には難しいとされているのが現状です。

難易度としても高くて、受験者の実に15%程度しか合格を手にすることができません。受験生の8割は「不合格」になっているのです。そのため、オンライン学習やスクールで本格的に学ぶことがおすすめです。

効率的に基礎知識を頭の中に入れることができる上に、スクールなどに通えば、宅建合格を目指す同じ仲間との出会いもあります。

テキストの内容もよく、模擬テストなどを実施してくれることもありますので、今の自分がどの程度の知識を得ているかを確認することもできるでしょう。本番の試験までには、壁にぶつかってしまいやる気がが下がってしまうこともあるでしょう。

そうした際に、仲間がいれば励まし合うことで勉強を頑張ることもできます。また、わからない問題に対して、講師や仲間に教えてもらうことでいち早く解決し、次の課題に取り組むことも可能です。

費用は掛かりますが、確実に合格を手にするためには、オンライン学習やスクールに通うことがよいでしょう。

初心者でも宅建に合格できるおすすめの勉強法はある?

宅建の資格は難易度が高いと思われている人が多いと思います。それは宅建の合格率があまり高くないからです。しかし独学で勉強できないほど難しい難易度ではありません。

その試験は覚える範囲が広いのでそれを完璧に覚えようと思えば、難易度は高くなります。宅建の独学は初心者でも可能なので、必要なポイントを要領よく覚えるということがポイントになります。

宅建の独学は初心者は300時間勉強すれば良いと言われています。勉強時間は短期で学習する方法と長期で学習する方法に分けることができます。短期型は1日の勉強時間を多く取ることで、長期型は1日の勉強時間は少なく長い期間勉強するということです。

どちらにするかはその人の好みです。宅建の独学は初心者にとって大事なことは参考書と問題集の使い方です。参考書は何冊も勉強するのではなく1冊をみっちりやるのがおすすめです。

その参考書は1番初めは入門用を勉強するようにして、基礎が理解できたら宅建試験用のものをやると良く理解することができます。資格試験で重要なのは問題の正解率なので、ある程度理解できたら次の問題に移るようにしましょう。

宅建に合格するためには、自分が使っている問題集やテキストでの正解率を1つでも増やしていくことが重要です。

宅建資格はどんな人が取得する資格なの?

宅建の資格は、受験資格に制限が存在しないため、誰でも挑戦することができる資格試験です。志望する方も幅広く学生から専業主婦、サラリーマン、自営業など幅広い方が志望されます。

難易度の高さに関しては、択一試験でありながら7割以上の正答を必要とすることもあり、問題もひっかけ問題なども出題されることが多いのも特徴的です。宅建の独学は初心者がよく行いますが、その理由には時間や費用もかけない形で資格を取得できればベストだからとなっています。

宅建の勉強ができる学校に通っても合格が保証されているわけでもないので、宅建試験では独学で勉強して受験される方も多いです。宅建試験は宅建士になるための試験で、本来は不動産取引を事業とする会社に就職したりするために取得されることが多い試験になります。

もちろん不動産取引を事業として行う企業は多いため、現場のニーズも存在するのが特徴的です。学生の場合であれば就業に有利になるため、社会人の場合は転職やスキルアップ、社内昇進を有利にする目的として取得されます。

また独立してベンチャー企業を設立したり、不動産会社を起業したい方、不動産関連ビジネスの幅を広げたい方が率先して取得されることも多いです。地方自治体や金融機関に勤める方が自分の担当する業務に関連して、その資格を取得する場合も存在します。

宅建資格は需要が少ない資格って本当?

宅建資格は需要が少ない資格という意見があります。はっきりいって、不動産業界で働いている人でもなければ、ほとんど使い道がない資格ではあります。逆に、不動産業界で働く人にとっては持っておいて損はない資格です。

不動産業を営む事務所では、「従業員5人に1人以上の割合で宅建の取得者が必要」という決まりがあります。そもそも宅建取得者がいなければ営業ができないということなので、これは大変大きな需要です。

特に役に立たない人でも人数合わせのために雇ってもらえる可能性があります。基本的に中途採用では即戦力が求められるので未経験者にとっては厳しいですが、この資格を持っていれば可能性が上がりますよ。

宅建の難易度ですが、実際にはそれほど高くはないと言われています。ここ数年の合格率が15%~17%を推移しているので、難しいというイメージがあります。

しかし「とりあえず受けてみよう」という半分ひやかしの受験者もたくさんいるので、本格的に勉強をしている人の合格率はもっと高いはずです。

宅建の独学は初心者の人でも可能で、勉強時間の目安は300時間程度と言われています。法学経験者なら100時間以内の勉強でも十分に合格可能でしょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。

宅建試験でおすすめの対策方法や勉強法のコツは何がある?

宅建試験の合格は、勉強をしないと勝ち取ることができません。効率よく点数を取ることができる勉強をしたいなら、過去問を徹底的に勉強すること我がおすすめの方法です。宅建の対策は、出題傾向の把握をすることがコツです。膨大な出題範囲の中から重要度が高い問題とそうではない問題を把握し、本当に必要な部分を重点的に、効率よく学習することができるのです。よく出題されている問題については、より知識を深めておくことが合格のコツです。

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。