other

宅建の難易度や合格率はどの位?勉強時間は平均で何時間?

投稿日:

宅建の難易度や合格率の詳細は年によって変化しますが、国家資格の中では比較的合格しやすい存在と言えます。

ただし、その合格率は平均15%前後を推移しており、決して簡単な試験ではありません。そんな宅建の取得には、一般的に平均400時間ほどの勉強が必要です。

その際、講習などを活用せずに独学で試験に備える場合、関連情報を全てを自分で把握する必要が出てくるので、合格に必要な勉強時間は更に長くなる可能性があります。

宅建の難易度や合格率は?

砂時計

宅建の資格試験は日本国内ではかなり大人数が受験されます。年ごとに異なりますが、毎年20万人以上を超える受験者がこの資格試験を受験しています。合格率は毎年約15%から17%程度となっています。

しかもこの合格率は、競争試験となっていますので全受験者の中から上位約15%から17%までしか合格できません。合格率が20%を切りますので、決して易しい部類に入る資格試験ではないです。

宅建の難易度や合格率をネットのSNSで検索すると難易度が易しいとか合格率は高いというものがありますが、それはあくまで主観的なものになります。客観的に考えると、難易度はそこそこ高く合格率はやや低いというのが正しい認識です。

確かに他の法律系資格である司法書士や司法試験と比べると宅建の資格試験は易しい部類に入るかもしれませんが、だからと言って楽して合格はできません。勉強時間も平均300時間程度かかると言われていますが、これも平均的な時間であります。

民法や不動産登記などの法律科目を勉強したことがある方であればもっと少ない勉強時間で合格することもできますし、全く法律の勉強をしてない方であれば300時間を超える勉強時間が必要になることもあります。

宅建の難易度や合格率は勉強時間で変わる?

これから宅建に挑もうという人がよく思うこととして、勉強時間で難易度や合格率は変わるのだろうかという疑問があげられます。

こういった疑問を抱くのも当然で、宅建はとても難しい試験ですし、試験に向けた勉強を始める前段階として勉強の計画を立てる際に、勉強量によって宅建の難易度や合格率が変化するのであればそれに合わせた計画を立てなければいけなくなるからです。

この疑問に対する答えは様々ですが、あえてはっきり答えるのだとすれば、イエスと言えます。勉強をすればするほど、合格率が上がるのは当たり前のことです。これは学生時代に受けた試験を思い出せば、容易に理解できることでしょう。

では難易度はどうなのか?というと、実際のところ、勉強をいくらしたとしても試験の難易度はすべての人に対して同じで変わることはありません。勉強をしていない人もしてきた人も、皆同様に同じ難易度の同じ試験を受けます。

しかし、体感は別です。勉強をしていればしているほど分かる問題は多いはずですから、簡単な試験だと感じられます。逆に勉強していなければどんなに難易度の低い試験内容であったとしても難しく感じますから、その人にとっては難易度の高い試験となるでしょう。

宅建を独学で取得するには何年かかるの?

宅建の難易度や合格率はインターネット上で調べられます。ここ数年、合格率は15%~17%程度を推移しており、難易度は高めの印象です。独学の人の勉強期間は半年~1年が目安と言われています。

法学部で法律の勉強をしていた人や行政書士などの資格の勉強をしたことがある人なら、3カ月~半年程度の期間で取得可能です。1日2時間勉強するのと、1日1時間勉強するのとでは期間が倍違ってくるので、むしろ重要なのは勉強時間のほうでしょう。

1日1時間勉強をしたとして、100時間勉強するには3カ月とちょっとかかります。学習経験者なら、このくらいの勉強時間でも十分に取得可能です。完全な未経験者の場合、1日1時間の勉強では1年程度かかってしまうのではないでしょうか。

経験者は100時間程度、未経験者は300時間程度というのが1つの目安です。宅建試験は年に1回しか行われていないので、落ちたらさらに1年かかってしまうことに注意です。3カ月勉強して試験を受ける、その結果が不合格だったら次の年までチャンスがやってきません。

「来年もまた3カ月勉強しよう」と考えていたら、9カ月間のブランクが空いてしまいますよね。そのブランクの間に内容の大部分を忘れてしまっていたら、まずは思い出すことに時間を使わなければなりません。

宅建は合格が難しいから独学は無理?

宅建の難易度や合格率を知っておけば、勉強時間の計画を立てやすくなるの知っておきましょう。合格率は15%から17%ほどで毎年推移していて、結構低いことがわかります。

そのため、難易度は難しいと考えて勉強時間は多めに確保しなければなりません。標準の勉強時間は300時間と言われているため、それ相応の時間は確保しましょう。

難しそうですが、独学は無理ではありません。合格率の低さは、実は受験資格に制限がないことも影響していて、実際にきちんと勉強している人ならさほど難関には実は感じないのです。

テキスト等も市販されているので、法律関連の資格勉強をしたことがある人なら、それに従って勉強していれば十分合格を目指すことができます。

予備校の通信講座もありますが、それを活用すれば独学も捗るでしょう。独学といってもテキストや何らかの講座を使って勉強することもできるわけで、それらは必要な知識をまとめているので効率的な学習をすることが可能です。

法律関連の基本書を読むことでも知識は手に入りますが、宅建専用に書かれているわけではない基本書であれば、無駄な情報も多く必要ない知識の方に力を入れてしまうこともありますが、専用ならそれがありませんので活用しましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライセンスのイラスト

宅地建物取引業の免許の有効期限が切れると再試験になる?

宅建の有効期限は、免許取得日の翌日から5年目の日付まで有効です。有効期間の満了日が日曜日や休日であっても、その日が免許の満了日までが有効期限となり注意が必要です。免許更新の申請は期間満了日の90日前から申請できます。有効期限が切れると免許が失効となります。地建物取引業を行う場合には、再度新規に申請することになります。有効期限を切らして場合には、宅建試験ではなく法定講習会を受講することで、現在の登録番号で取引士証の交付を受けることができます。

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。

喜ぶ女性

宅建の難易度は独学でも取れるほど簡単で取得しやすい資格なの?

宅建の難易度は独学でも取得できるレベルで、国家資格の中では取得しやすいです。他の国家試験に比べると易しいものの、合格率は20%以下なので簡単に合格できるわけではないです。出題範囲が広いので、効率よく勉強を行う必要があります。独学だと自分のペースに合わせて勉強ができ費用もかからないというメリットがありますが、意志が弱いと勉強を継続できないというデメリットもあります。意志が弱い人の中には、モチベーションを高めるために専門スクールに通って勉強する人もいます。

スーツを着た男性と家のおもちゃ

宅建は国家資格ではなく民間資格だった?資格も簡単で取得しやすい?

宅建は国家資格ではなく民間資格で資格も簡単で取得しやすいと考えている人がいますが、これは間違いで宅建は国家資格なのでこの点は十分に注意する必要があります。もちろん国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないので、出題範囲や出題形式をよく確認した上でしっかりと勉強することが大切です。ただ出題数は50問で全てマークシート方式ですしある一定の点数を取れば合格することが出来るので、あまり深刻に考えずに肩の力を抜いて勉強するようにした方が良いです。