other

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。

このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。

難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。

宅建の難易度はランキング上位に上がるほど難しいの?

たくさんの人

宅建の難易度はランキング上位に上がるほど難しいとまでは言えません。確かに15%から17%ほどの合格率なので難しいですが、行政書士や不動産鑑定士といった資格はそれよりもさらに合格率が低くなっています。

こうした合格率の低い資格試験はほかにもあるため、別段宅建が難しい試験だとは言えず、そこそこ難しい程度になるはずです。そもそも、他の試験とは違って受験資格に縛りがないので、記念受験をする人も多く、実質的な難易度は合格率の低さに比べて低いと言えます。

宅建の試験は基準となる合格点が事前に決まっておらず、毎年変動しています。これは、おそらく合格者の数が15%程度になるように線引きをしていると推測されますので、上位15%に入るだけの力があれば合格は可能です。

そして、前述の通り記念受験をするような人たちが多くそれが全体のレベルを下げているため、きちんと勉強すれば上位15%に入ることは思った以上に難しくはないです。

過去問をきちんと解いて頻出論点の知識を抑えれば合格することができるため、宅建の合格を目指したい方はその合格率の低さをあまり気にせず、自分が今できることをやっていきましょう。そうすれば、きっと合格することができるはずです。

宅建は人気が少ない資格って本当?

宅建は、噂では人気が少ない資格であるという意見も一部には根強くあるのも事実です。その理由としては、少し勉強を行えば試験に合格して、比較的に楽に取得することができるからとなります。

しかもその資格を取得しても、必ずしも業務に必要としなかったり、それを取得しただけでは不動産会社に就職することができないからです。つまり取得しても人によっては、持っていないよりもマシな程度で単に資格マニアのための資格に過ぎない場合もあります。

ただ宅建の難易度はランキングにも登場し、上位に位置付けられることも多いです。その理由は毎年、多くの方が受験するメジャーな資格であること、専門的な勉強を積み重ねなければほとんど受かることが少ない資格であるからとなります。

試験の解答方法が択一式でしかも四つの選択肢から一つを選び出すだけで良いため、適当に回答しても正解することはあり得ます。しかもピンポイントの学習ができれば、労せずに正答を導くこともできるので、そのまま合格してしまうことも多かったりします。

宅建が人気が少ないかに関しては、近年は弁護士や行政書士の様に宅建士となる士業に格上げされ、そういった事情からも逆に人気が高まったのも事実です。その証拠に一時は25万人をきっていた申込者数が、再び25万人を超えたのは人気が高まった証拠となります。

宅建は女性よりも男性向けの資格なの?

宅建は昔から男性が資格取得に励んでいるというイメージもありましたが、近年は女性にも注目を浴びつつあります。宅建の難易度はランキング上位でもありますが、資格として取得しておけば業界でも活躍しやすいからです。

受験者数自体も男性より女性の方が三倍近く多くなっていますので、それだけ持っておいた方が使える資格であるというように認識されているのでしょう。

まだまだ不動産関連の職種では宅建の資格を持つ女性は少ないですから、持っておくとそれだけで業界への就職の窓口が広がると言っても過言ではありません。

努力をした分だけ報われる機会が増えることにもなりますから、今後転職を検討しているのであれば、勉強をして資格の取得に励んでみてはどうでしょうか。

正社員だけではなくて、パートやアルバイトなどでも求人がありますし、資格がないよりある方が待遇は良くなります。学ぶ内容自体も基本的なことが多いです。

しっかりと堅実に学ぶのは女性の方が多いようで、実際の合格者数自体も段々と女性の方が多くなっているぐらいです。学校もあれば教材なども豊富にあるので、学びやすい資格でもあります。女性だからと諦めず、頑張って取得を目指してみましょう。

宅建は知識以外にも特別な技術が必要?

宅建は、合格するためには宅建業法や民法等の知識が問われます。合格するためにはそうした知識が必要ですが、特別な技術は必要ありません。マーク式の試験で毎年決められる基準点に達すれば合格することができます。

したがって、受かるためには問われる範囲の中でも特に頻出の論点を重点的に、まんべんなく勉強すればよいです。宅建の難易度はランキング上位になるほどの難しさはありません。

合格率は15%なのでそこそこ難しそうに見えますが、受験資格制限がないので誰でも受けることができ、記念受験をする人もいます。

また、不動産関連の会社では、強制的に入社してすぐ受験させられることも多く、そうした人たちは知識がなくても受けることになるので、全体のレベルを下げます。したがって、15%といっても数字ほど難しいわけではなく、毎年約3万人が合格しています。

受験者数はなんと20万人にもなり、いかに受験者数が集まっているかがわかりますが、これは前述のとおり受験制限がないためであり、全体の大半がそもそも合格するだけに十分な知識を持っていないそうになります。

このことから、本気で取り組めば宅建は合格することができる試験だということがわかるはずです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の難易度や合格率はどの位?勉強時間は平均で何時間?

宅建の難易度や合格率の詳細は年によって変化しますが、国家資格の中では比較的合格しやすい存在と言えます。ただし、その合格率は平均15%前後を推移しており、決して簡単な試験ではありません。そんな宅建の取得には、一般的に平均400時間ほどの勉強が必要です。その際、講習などを活用せずに独学で試験に備える場合、関連情報を全てを自分で把握する必要が出てくるので、合格に必要な勉強時間は更に長くなる可能性があります。

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

宅建の講座ランキング上位は何処?また宅建試験のおすすめ勉強法は?

宅建の講座のランキングを見ると様々な資格予備校がありますが、時間がない場合は通信講座で学べる予備校を選ぶと良いでしょう。例えば各資格予備校の中でも通信講座に特化しているユーキャンは合格者に占め割合がトップクラスです。平成28年の場合、1222名が合格し全体に占める割合は首位の3.99%でした。宅建試験は独学で学習することもできますが、ユーキャンのような優れた資格予備校を利用するのがおすすめの勉強法です。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。

カードを持つ男性

宅建を活かせる仕事はどんな仕事がある?そもそも宅建士とは何?

宅建士は、宅地建物取引士を託した呼び方で、土地や建物といった不動産を売買したり、それらを行う人が公正な取引ができるように仲介することが主な仕事です。宅建を活かせる仕事は基本的に不動産業界が舞台になりますが、物件に関する情報を借り主や買い主に説明をしたり、その手続きに関することを提供することになります。宅建士の資格を持っていなければ、物件について最重要事項の説明や記名や押印ができませんし、契約書の記名や押印ができないので、不動産業界の仕事に就職しやすいといえます。