other

宅建の難易度は独学でも取れるほど簡単で取得しやすい資格なの?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

宅建の難易度は独学でも取得できるレベルで、国家資格の中では取得しやすいです。他の国家試験に比べると易しいものの、合格率は20%以下なので簡単に合格できるわけではないです。

出題範囲が広いので、効率よく勉強を行う必要があります。独学だと自分のペースに合わせて勉強ができ費用もかからないというメリットがありますが、意志が弱いと勉強を継続できないというデメリットもあります。

意志が弱い人の中には、モチベーションを高めるために専門スクールに通って勉強する人もいます。

宅建の難易度は独学でも取れるほど低い?

たくさんの積まれた本

宅建はかつては宅地建物取引主任者資格試験と呼ばれていましたが、現在は宅地建物取引士資格試験と呼ばれています。いわゆる宅建士です。ですが、それでも便宜上宅建と呼ぶこともあります。

この宅建の難易度は独学でも可能なのかと言いますと、結論から言えば可能であります。しかし、宅建は決して簡単な資格試験ではないということは理解しておく必要があります。

確かに昔は宅建も難易度は法律系資格試験の中では簡単な部類に入っていましたが、近年の難易度は決して簡単ではありません。過去問レベルの出題もかつては多かったですが、最近の出題傾向は過去問レベル以上の問題も出題されることもあります。

例えば個数問題も多く出題されることがあります。従来は4肢択一式で、4つの肢の中から正しいもの又は誤っているものはどれかというオーソドックスな問題ではありました。

ですが、個数問題は形式上は4肢択一式ではありますが正しいもの又は誤っているものは幾つあるのかと言った出題がされます。この個数問題は一気に難易度が上がりますので、正解するのが難しくなります。

また民法のレベルも上がっています。過去問レベルでは到底太刀打ちできない問題も出題されることがあります。以上のように独学で宅建に合格するには、しっかりと時間をかけて学習する必要があります。

宅建は比較的に取得しやすい資格なの?

宅建は正確には宅地建物取引士と言われ不動産取引の専門家を示す資格で、資格を取得すると不動産取引会社などで売買や賃貸物件の仲介をする際に、土地や建物の知識を持っていない一般のお客様に詳しい説明をすることができます。

この資格は国が認めた国家資格ですが、比較的簡単に取得ができる国家資格の一つです。宅建の受験者数は20万人以上で他の資格と比べて多く人気の資格で、その価値を学生や社会人が認めていると言えます。

合格率は15%前後で、この数字だけをみると簡単には見えないですが、司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士などの他の不動産関連資格と比べると、資格取得しやすいのが判ります。

この資格が取りやすいもう一つの要因に試験内容があり、試験は筆記問題がなくすべてマークシートで、およそ問題の7~8割は過去に出題された問題です。50問中35店前後の点数で合格なので、しっかりと勉強して準備すれば容易く取得できます。

宅建の難易度は独学でも合格でき、最近は書店などでも勉強できる本や過去問題のテキストなどが売られていたり、通信教育で勉強もできます。学校に通うよりも安い費用で、自分のライフスタイルに合わせた時間で学習し、資格取得が可能です。

宅建の合格枠は狭き門なの?

宅建(宅地士試験)は、様々な資格試験の中でも人気の高いものの一つだといえるでしょう。不動産取引を行う業者には一定割合の有資格者を配置することが法律により義務付けられているため、有資格者は就職などの際に有利に評価されることになります。

資格取得のための学習により、土地や住宅などの不動産取引のスペシャリストとして必要とされる様々な知識が自然に身につくことも、宅建資格の人気の理由のひとつとなっているようです。

宅建の難易度は独学でも合格が可能なレベルであり、決して難しいものではありません。ただし実際の試験の合格率をチェックしてみると、近年における合格率は15%程度で狭き門となっています。

これについては試験が難しいからというわけではなく、十分な学習に取り組むことなく安易な気持ちで受験する人や、勤務先の指示に従って業務の一環として受験する人が多いことなどが理由だと考えられます。

宅建の合格に必要とされる法律などの知識は基本的なレベルであり、簡単ではありませんが努力次第で十分に理解することができます。

なので、まずはじっくりと学習に励んで合格に必要な実力を身に付けることが重要な対策になります。短期間での合格を希望する人には、各種専門学校が開講する宅建講座の受講がおすすめです。

宅建試験には受験資格があるの?

宅建試験は国家試験の一つに分類される試験で、よく国家試験には受験資格を必要とするケースがあったりします。例えば大学を卒業している者、日本に国籍を有する者等です。

ところが宅建試験に関しては、受験資格を必要とせずに誰もが受験することができる非常にオープンな試験になります。年齢・性別・国籍の制限が存在しないので、志があれば申し込みを行い受験会場に行き、試験を回答することが可能です。

年齢に制限がないのは例えば平成18年度の試験であれば、たった12歳で合格した少年もいたほどで、また平成17年度には90歳の高齢者が合格した方もおります。今後は外国人労働者の国内の受け入れも推進されることになると、外国人の受験者が増加する可能性もあります。

宅建の難易度は独学でも簡単に合格することができるほどで、誰でもが勉強を行えば合格できそれほど難易度も高くありません。もっとも受験資格がなくなるレアなケースは、不正に受験をした事実や不正に受験をしようとしたケースです。

その場合には最長で3年間、受験を禁止されることがあり、その場合には受験を制限されます。他にも宅建試験に合格しても宅建士証を手にすることができないケースも存在しますが、その場合でも試験を受験することは可能です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

お札の上の帽子

宅建学校の費用は平均でどれ位?学校に通うと合格しやすくなる?

宅建学校の費用は平均は20万程ということが出来ます。勿論地域や講義形式によっても異なり、マンツーマンだともう少し高くなります。そんな宅建学校の宅建試験対策は週に1回~2回、4ヶ月~6ヶ月で設定しているスクールが多いと言えます。通信講座の平均は6万円程なので、学校に通った方が費用はかかります。ですが学校に通った方が効率よく必要な知識を学ぶことが出来るので合格しやすい、資格取得への最短距離と言えるでしょう。

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。