other

宅建試験の合格ラインや合格率は低すぎて人気がない資格らしい?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

宅建試験の合格ラインは、他の資格試験と低いとされているため、合格率は約16.5%だとされています。

そのため合格率は低すぎるということはなく、他の資格試験よりも難易度が低いことから取得しやすいとして人気があります。

実際に資格を取得しようと考えた場合、合格率が低いものはチャレンジしやすいので、挑戦したり自信を得るものとしては最適です。

宅建合格で自信が得られたら、他の試験にも挑戦できるようになりますし、就職するときにも採用の時に評価されるに足るものだといえます。

宅建試験の合格ラインとは?

人の腕

宅建試験とは宅地建物取引士の資格試験のことで、宅地建物取引業法に基づき宅地や建物の売買、交換や貸借の取引に対して事務処理を行う国家資格試験です。

宅地建物の公正な取引が行われることや、知識の乏しい不動産購入者等が取引上の損害防止を目的として、現在の国土交通省にあたる建設省が昭和33年に創設されました。

年齢や性別、学歴や国籍、受験資格などの制限は一切なく誰でも受験でき、毎年10月の第3日曜日に全都道府県の試験会場で行われます。

弁護士や司法書士などと同じく士業にあたるため難関資格のひとつとされており、ここ10年以内の合格率は15パーセントから17パーセントとかなり低く、宅建試験の合格ラインは31点から37点です。

試験時間は2時間で解答用紙はマークシート、1問1点の配点方式のため50問で50点満点、つまり50問中7割を正解すれば合格できます。合格ラインが変動するのは、毎年の宅建受験者数に応じているからです。

そして合格点数が変化する理由は、宅建では相対評価方式を導入しているからです。

資格取得後は建築会社や金融機関、不動産管理会社への就職が有利になり、会社によっては毎月5000宴会から1万円の資格手当てがもらえます。

宅建試験の合格率はどのくらい?

宅地建物取引士になるためには国家試験に合格する必要があるので大変ですが、ただ試験に出る科目を勉強するだけでは受かるのは難しいです。

どのような形で出題されるのかよく考えて学習する必要がありますし、どの科目がどれ位の割合で出されるのかよく確認した上で勉強することが大切です。

また宅建試験の合格ラインをしっかりとチェックすることも重要で、どれ位点数を取れば合格することが出来るのかよく考えて行動する必要があります。

宅建試験の合格率は決まっているものではなく毎年変わって来るのでこの点は十分に注意する必要がありますが、最近では15%から17%前後で推移しています。

ここで問題となるのがどれ位点数を取れば合格出来るかと言う点ですが、合格率に対応した得点が合格基準点に設定されている可能性が高いです。

問題があまりに難しいと高得点者の割合は少なくなるため合格基準点は低くなりますが、問題が易しい年は合格基準点は高くなるのでこの点に関しては十分に注意が必要です。

宅建試験は1問1点で50台出題され全てマークシート方式と言う形を取っていますが、ここ10年では最低で31点、最高で36点が合格基準点となっています。

ですので大体35点前後を取れば合格することが出来るので、これから宅建試験を受験する人はどういった形で勉強すれば約7割点数を取ることが出来るのかよく考えるようにした方が良いです。

宅建試験の合ラインは低すぎて人気が無い資格って本当?

宅建試験の合格ラインは点数による基準ではなく、全体の割合から合格率のラインが決められています。国家試験なので高得点を得ることは必要です。

一般的に言われているほど合格ラインが低すぎるというわけではありませんし、現在では様々な年齢層が受験する人気の資格だといえます。仕事関係だけでなく、不動産については日常生活の中でも個人がかかわることが多くあります。

専門的な知識を得ていることで無駄な出費や手続きなどを回避できますし、最適な計画や業者選びも可能になります。仕事としては不動産業のみならず、銀行員やそれに付随する業務に携わっていれば、顧客満足度の高まるアドバイスを行うことができます。

資格を持っていればすぐにでも開業できますし、国家資格なので近隣での競合も少なく、安定した収入を得ることも可能になります。現在では難易度という面で比較的取得しやすい国家資格かもしれません。

しかし年々需要が高まってくる業界の中では、試験の合格ラインや難易度も高まることも予想されます。不動産業にかかわる人をはじめ、一般的にも関心の高まる分野の中で、経験を積んでいくことは将来的な展望にも期待が持てます。

宅建試験はこれから人気の高まっていく資格のひとつだといえます。

宅建資格は人気が少ないから取得しやすい資格?

宅建資格は簡単に取れるという人がいますが、実際には全く違います。確かに受験生の数はそう多くありませんし、そのことから競争率が低いと考えるのも妥当です。

ただ宅建については、人気と合格率の関係性は薄いと思っておいた方がいいでしょう。そもそも宅建試験が難しくなったのは、士業化されたことがきっかけでした。これにより弁護士などと同じく高度な専門性を求められるようになったため。

簡単には合格できなくなってしまったのです。現に近年の宅建試験の合格率は、15%ほどの数字に留まっています。6人に1人受かるくらいの数字ですから、いかに難しいかが判るでしょう。

また宅建試験の合格ラインとしては、35点前後が目安です。こちらも一昔前までは30点あれば合格とされていたため、レベルが上がっていると判断できます。

加えて各年度次第で合格ラインにも差があり、蓋を開けてみなければ毎度どれくらいになるかは予想できません。平成30年度試験の合格ラインは37点でしたし、点数は取れるに越したことはないでしょう。

以上のことから、宅建資格が取りやすいなどというのは全くの誤解です。試験の難易度も変わるので一概には言えないものの、しっかりとした試験対策をして臨むことが推奨されます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建の難易度や合格率はどの位?勉強時間は平均で何時間?

宅建の難易度や合格率の詳細は年によって変化しますが、国家資格の中では比較的合格しやすい存在と言えます。ただし、その合格率は平均15%前後を推移しており、決して簡単な試験ではありません。そんな宅建の取得には、一般的に平均400時間ほどの勉強が必要です。その際、講習などを活用せずに独学で試験に備える場合、関連情報を全てを自分で把握する必要が出てくるので、合格に必要な勉強時間は更に長くなる可能性があります。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

宅建試験でおすすめの対策方法や勉強法のコツは何がある?

宅建試験の合格は、勉強をしないと勝ち取ることができません。効率よく点数を取ることができる勉強をしたいなら、過去問を徹底的に勉強すること我がおすすめの方法です。宅建の対策は、出題傾向の把握をすることがコツです。膨大な出題範囲の中から重要度が高い問題とそうではない問題を把握し、本当に必要な部分を重点的に、効率よく学習することができるのです。よく出題されている問題については、より知識を深めておくことが合格のコツです。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。

スーツを着た男性と家のおもちゃ

宅建は国家資格ではなく民間資格だった?資格も簡単で取得しやすい?

宅建は国家資格ではなく民間資格で資格も簡単で取得しやすいと考えている人がいますが、これは間違いで宅建は国家資格なのでこの点は十分に注意する必要があります。もちろん国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないので、出題範囲や出題形式をよく確認した上でしっかりと勉強することが大切です。ただ出題数は50問で全てマークシート方式ですしある一定の点数を取れば合格することが出来るので、あまり深刻に考えずに肩の力を抜いて勉強するようにした方が良いです。