other

宅建の勉強スケジュールは細かに計画した方が合格しやすい?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

宅建の資格取得を目指して勉強する場合、勉強時間が長ければその分合格しやすいという訳ではありません。

効率よく勉強をして、目標の点数を確実に取ることで1か月前や3か月前からの勉強でも合格することが可能です。

宅建の勉強スケジュールは、細かく計画していくよりも大まかでも良いので、時間調整をしながら目標の部分をしっかりと回答できるように覚えることが重要です。

毎日のスケジュールをたてるよりも、1か月の勉強量から1週間の学習内容を割り出し、1週間単位でクリアしていくことをおすすめします。

宅建に合格するには勉強スケジュールを組まないといけない?

日付

宅建の勉強スケジュールを組むことは、合格を目指す上で重要な要素の1つだということができます。勉強方法としては宅建の資格取得を目指す通信講座の受講や独学などが挙げられます。

しかし、いずれの場合も計画的なスケジュールを組むことでより効率的に勉強することができます。

通信講座などの場合は勉強時間や受講期間などが決まっており、その中でそれぞれの講座が定める計画通りに勉強していくことで合格に向けての知識や学力を身に付けることができる点が魅力です。

与えられた課題をこなすことで実力が身に付いてくるので、うまく計画が立てられないと言う人には向いている方法でしょう。独学の場合は、特に計画的に宅建の勉強スケジュールを組むことが重要になってきます。

学生や主婦、普段は仕事をしている人など様々な状況の人がいますが、その中でいかに勉強時間を捻出するかがまず重要になってきますし、その上で合格を目指した効率的な勉強を行っていく必要があります。

闇雲に問題集を解いたり暗記をしたりするのではなく、合格に必要なレベルがどの程度かと言うことをしっかりと把握し、それに向けて効率的に知識を身に付けていくためにも、勉強スケジュールを組むことは重要なのです。

宅建試験を始める前にすべきことはある?

宅建試験がどんどん近づいてくると、焦ってしまう方も多いでしょう。ですが、本番当日までにしっかりと宅建の勉強スケジュールを立てておけば大丈夫なはずです。

メンタル面を整えることも大切ですが、試験までの計画が合否を左右しますので、本番までにやることを確認しておきましょう。

宅建の勉強スケジュールを立てるには、まず問題を解く順番を決めておくことが大事です。実際の試験は第1問から第50問まであり、権利関係や法令上の制限など出題の順序がほぼ決まっています。

最初の問題から解くのもよいのですが、自分の得意分野や難易度の低い分野から解いていく練習をしましょう。いきなり難しい問題から取り組むと時間もかかりますし、なかなか解き終わらないことで焦りがでてしまうので、どの分野から解き始めるかは非常に重要なものです。

宅建の勉強は内容を理解することが第一ですが、暗記に頼らなければならないこともあります。特に過去問題や予想問題で定着しきれない分は、暗記に頼るしかありません。あまり早くから暗記を始めると繰り返し問題を解く時間が減ってしまうため、試験の数日前から始めるとよいでしょう。

宅建の勉強スケジュールで必ず計画に組み込みたいのが、模擬試験の予行演習です。本番と同じ時間帯と制限時間で、まだ解いたことのない模擬試験や予想問題をやると効果的です。この予行演習を試験本番と考え、気を抜かずにやるようにしましょう。

宅建試験の勉強につまづいた時の対策は?

宅建試験の勉強につまづいてしまうという事は良くあります。問われることの難易度も高いですし、あまりなじみがないという方にとってはうまく勉強が勧められないということがあるでしょう。

そういったことも考えて計画を立てることがまず重要な試験合格に繋がります。余裕を持った宅建の勉強スケジュールを立てていけば、分からないことが出来た時にもそこに時間をかけることが出来るというメリットがあるのです。

始めはいろいろ詰め込んでやりたくなってしまうものですが、週に一度程度は予定を入れずに復習や弱点強化に使える時間を設けてみましょう。また、はじめから順調に理解や点数がついていくとは思わないほうが良いです。

ある程度学ぶまでは殆ど点数に結びつかないということが多いでしょう。後でやったことが前にやったことの理解につながることもあるので、分からないからと行ってそこで立ち止まってしまうのではなく、とりあえず前に進むということが必要です。

こういったことを考えて計画を立てていくようにするとよいでしょう。まずは全範囲を完璧にではなくてよいので一通り回してみて、それを繰り返していくことによって点数もついてくるようになります。

宅建試験日が迫ってきた時は勉強時間を増やした方が良い?

宅建は取得するのが難しい資格の一つなので、多くの人たちが試験日を迎えるその日まで莫大な勉強時間を費やします。覚えなければいけないことは当然かなりあります。

多くの場合、大人になってから資格を取得するため学生の時の試験日までの過ごし方や勉強の仕方などの感覚を取り戻すまでに時間がかかってしまうからです。

それに加えて、「受からなければ」という責任が元になった重圧から自分に自信が持てず、不安をかき消すためにも勉強をしなければいけません。

このように、かなりの勉強時間を積み上げてきていたとしても試験日が迫ってくるとさらに勉強時間を増やした方が良いのでは?と思えてならないものです。

ですが、もっとも効率が良く、負担にならない宅建の勉強スケジュールとしては、試験前に勉強時間を増やすことはしない方が良いでしょう。

試験日が迫ってきている段階でさらに無理に知識を詰め込もうとすると、頭がこんがらがってしまいがちです。

それに、誰もが勉強を始める前段階として立てるであろう計画というのは、試験合格を目標として歩き出そうとしているやる気があり意識も高い自分が立てたものなので、信頼できるものと言えます。

この計画通りに進めていけば、勉強量は十分なはずですから、むしろ焦らずにもとの計画のまま進めていくことを心がけましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

宅建士の登録実務講習とは?絶対に実務講習を受けなくてもいい?

宅建士の登録実務講習は実務経験が2年以上無いと宅建建物取引士資格の登録申請が出来ないため、不動産業界で2年以上勤務経験のない場合には、宅建士の登録実務講習を受ける必要が有ります。一般的な講習の内容は、宅地や建物の取引実務や実際の実務に関する項目で、50時間程の講座になりますが講習会を開いている多くのスクールは、1ヶ月の通信教育と2日の演習そして最後に1時間の修了試験を受けて終了となります。料金はスクールによって違いは有りますが、2万円程度で宅建士の登録実務講習を受講することが出来ます。

宅建試験の合格ラインや合格率は低すぎて人気がない資格らしい?

宅建試験の合格ラインは、他の資格試験と低いとされているため、合格率は約16.5%だとされています。そのため合格率は低すぎるということはなく、他の資格試験よりも難易度が低いことから取得しやすいとして人気があります。実際に資格を取得しようと考えた場合、合格率が低いものはチャレンジしやすいので、挑戦したり自信を得るものとしては最適です。宅建合格で自信が得られたら、他の試験にも挑戦できるようになりますし、就職するときにも採用の時に評価されるに足るものだといえます。

文房具

宅建の試験日は年二回ある?他の資格と比べてチャンスは多い?

宅地建物取引士になるためには国家試験に合格する必要があります。しかし、中には宅建の試験日は年二回あるので他の資格と比べてチャンスがあると思っている人がけっこういます。しかし宅建の試験は年に1度しかないのでこの点は注意する必要があり、チャンスは他の国家試験と同じなので余裕を持って勉強することが大切です。ただ難易度はそれほど高くはないのでしっかりと勉強すれば合格するのは難しくはないのですが、それでも国家試験であり試験範囲も比較的広いので油断をせずに学習した方が良いです。

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。