other

宅建の勉強方法とは?通信講座でも宅建の試験に受かる?

投稿日:

宅建士の資格を取得するには、合格するために問題集で勉強をすることが一般的です。ただ試験は多くの分野から出題されるので、問題集1冊だけで済ませるのではなく、通信講座を受けることをおすすめします。

宅建の勉強方法として通信講座を利用する人が多いことから、合格するための対策がしっかり整っているので効率的に勉強できます。

宅建試験の難易度は、平均合格率が約16.5%ですから他の資格試験と比べるとハードルは低いといえます。

宅建試験の勉強方法は何がある?

勉強の積み木

宅建試験の合格を目指す方にとって気になるポイントの1つが、どのような方法で勉強を進めていけばいいのかという点です。

実際に宅建の勉強方法には、複数の選択肢があげられます。選択肢ごとの特徴を考慮したうえで、自分の状況に合わせた形で学習を進めることが大切です。

例えば宅建の勉強方法として、独学を選択する方も多く見られます。独学を選ぶ最大のメリットは、自分のペースで学習が進められるという点です。また教材費以外の費用がかからないので、安く学習ができるというのも特徴の1つです。

一方で独学のデメリットには、効率よく学習を進めるのが難しいという点があげられます。宅建の試験は範囲が幅広く出題されるので、効率よく勉強を進めないと試験範囲をカバーするのが難しくなっています。

また宅建の勉強方法の1つが通信講座を利用することです。通信講座では自宅に届いた教材を利用して、効率よく学習を進めることが可能です。法改正にも対応している教材つくりを行っているので、最新のデータに対応してもらいやすいという特徴もあります。

さらにメールサポートなどの形で、わからない点は講師に質問できます。ただし独学よりもお金がかかるので、その点を理解したうえで学習方法を選択することが大切です。

宅建試験は通信講座でも合格出来る?

宅建の勉強方法として、通信講座を活用するのはありです。実際に通信講座を利用して合格している人は多く、確実に受かりたいなら可能性は高めるべきなので活用をおすすめします。

特に、資格試験予備校が提供している通信講座は、しっかりと分析をしたうえで優秀な講師がテキストを作成し、動画での講座受講もできるのでおすすめです。単にテキストだけなら自分で読み進めていく必要がありますが、躓きがあれば困ってしまうでしょう。

しかし、予備校の場合は躓きやすい所や文章では伝えきれないことも、動画で開設してくれます。したがって、知識を深めていくことが可能です。

しかも、研究されたうえで試験に出る部分を重点的に扱ってくれているため、効率的な学習も可能となり、勉強時間を短縮することもできるでしょう。宅建は合格率が15%前後ととても低い資格試験ではありますが、誰でも受験することができることが関係しています。

実際はきちんと勉強している人の合格率は高いとみられ、予備校の講座を活用すれば合格に近づくことができるはずです。独学ではどこから手を付ければよいのかわからないですが、通信講座を活用すれば方針がわかるので、回り道せず合格が目指せます。

宅建試験に合格するのは簡単?

宅建試験に合格するのは、ただがむしゃらに勉強するだけではなかなかに覚束ないことが多いでしょう。宅建の勉強方法にははっきりとしたコツがあります。通信講座はその一つですが、独学が全く良くないというわけではありません。

宅建の勉強を始めようとした人が最初に戸惑うことの一つは、範囲が非常に広いということです。他の法律系の資格でも似たようなことが当てはまりますが、関連する法規の数が非常に多く、それらをしっかりとカバーしようとすれば並大抵の努力では済まないように思えてきます。

ですが、宅建の試験では間違いなく傾向というものがあり、広い出題範囲の全てにわたってまんべんなく出題されるわけでは決してありません。その意味ではヤマというか、重点的に出題される範囲というのが確実にあります。

合格への近道は、その重点出題範囲をしっかりと把握することにあります。そのためには通信講座でも独学でも、過去問を把握することが一番早いでしょう。過去問を5年分、できれば10年分くらいやってみると、明らかな傾向というものが見えてくるはずです。

全ての範囲をまんべんなく勉強するのではなく、重点範囲に絞って勉強することで効率よく学習することができるはずです。

宅建試験の難易度は低い?

宅建試験の難易度ですが、表面的な数字だけを取り出してみると決して低いとは言い難いでしょう。ここ数年では、毎年全国で20万人が宅建の資格を目指して受験しています。

このうち、合格者は実に3万人程度に留まっていますから、合格率としてはせいぜい15%程度です。世の中にはもっと合格率の高い試験もいくらでもありますから、15%という数字だけを見ると一般論として難易度は高いと言うべきかもしれません。

この意味では、宅建の勉強方法は独学ではなかなかに厳しいということができるでしょう。通信講座がもてはやされる所以です。

ところが一方で、宅建はあまり真面目に勉強もしていないし、自分でも合格する可能性が高いとは思っていないけれども、とりあえず受験してみるという人が多いことも事実です。

冷やかしという言い方はおかしいかもしれませんが、合格すれば儲け物といった程度の軽い気持ちで受験している人ということです。

ですから、実際の難易度としては、15%という合格率にあまりにも引け目を感じる必要はありません。通信講座などを活用してしっかりと勉強をする限り、そこまで一般の人には手が届かないような性格のものではないということです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

ネクタイを締める男性

宅建士になると出来る事は何がある?主な就職先は何処なの?

宅建ができることは不動産取引において契約を結ぶ前に、顧客に重要事項の説明を行うことです。ただ重要事項説明書を読み上げるだけではなく、専門知識がない顧客に対しても理解してもらえるようにわかりやすく説明を行うことが求められます。契約前の重要事項の説明は必ず必要であり、その業務が許されているのは宅建士だけです。宅建に合格すると就職先の選択肢も広がります。不動産屋では事務所ごとに5人に対して1人の割合で宅建士を置くことが決まっています。独立開業の際にも宅建士は必要です。それ以外にも建築会社や金融機関など不動産取引に関する業界の就職にも宅建の資格は有利です。

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

宅建の勉強スケジュールは細かに計画した方が合格しやすい?

宅建の資格取得を目指して勉強する場合、勉強時間が長ければその分合格しやすいという訳ではありません。効率よく勉強をして、目標の点数を確実に取ることで1か月前や3か月前からの勉強でも合格することが可能です。宅建の勉強スケジュールは、細かく計画していくよりも大まかでも良いので、時間調整をしながら目標の部分をしっかりと回答できるように覚えることが重要です。毎日のスケジュールをたてるよりも、1か月の勉強量から1週間の学習内容を割り出し、1週間単位でクリアしていくことをおすすめします。