other

宅建学校の費用は平均でどれ位?学校に通うと合格しやすくなる?

投稿日:2019年6月17日 更新日:

宅建学校の費用は平均は20万程ということが出来ます。勿論地域や講義形式によっても異なり、マンツーマンだともう少し高くなります。

そんな宅建学校の宅建試験対策は週に1回~2回、4ヶ月~6ヶ月で設定しているスクールが多いと言えます。通信講座の平均は6万円程なので、学校に通った方が費用はかかります。

ですが学校に通った方が効率よく必要な知識を学ぶことが出来るので合格しやすい、資格取得への最短距離と言えるでしょう。

宅建学校の費用は何円かかるの?

スクールと書かれた道

これから宅建について学ぼうと検討している状態の堅田と、宅建学校の費用が気になるのではないでしょうか。自分の通うスタイルによっても変わってくるので、通学かそれとも通信で学んでいくのか、どちらを視野に入れているのかも一度考えてみると良いでしょう。

しっかり先生と対面で学んでいく通学であれば、平均して10~15万円程度は必要になります。試験が近づいてくると対策としてさらに模擬試験などを行うので、そちらも利用するつもりであれば1~3万円前後は用意しておきましょう。

自分のペースで学べる通信の方が良いのであれば、安ければ3」万円前後、高いと約10万円ほどは必要になってきます。

通信は使う教材がCDやDVD、教本のみなどいろいろありますが、安い場合には自分できちんと分からないところは質問をしたりするなど、より勉強を丁寧にしていく必要があるといっても良いでしょう。

平均費用としては約10万円前後というところではありますが、自身の理解度に合わせて必要に応じてさらに勉強をした方がいい場合もあります。

一人で勉強をするのが難しそうなら通学で学んだ方が身につきやすいですから、予算や自身の勉強スタイルも総合的に考えていくようにしましょう。

宅建学校の費用は平均で幾ら?

宅建学校に入学する際に必要になる費用ですが、入学するコースによっても異なります。宅建学校の通学コースに申し込む場合は、平均で50~100万円ほどです。入学を申し込む宅建学校によっては、毎月かかる学費以外に入会金などが必要になる場合があります。

入会金の平均額は0円~30万円となっており、入学する宅建学校によって異なっています。入会金の支払いが必要のない宅建学校もあるでしょう。授業料以外に模擬試験を受ける際の費用などが、別にかかるところもあります。

模擬試験の代金などがすべてセットになっていて、一括して支払うことのできるところがおすすめです。宅建学校の費用が高額になる場合は、前期と後期に分けて支払うことのできる学校も見られます。いろんな支払方法を選択できるところがよさそうです。

自宅で勉強することのできる通信教育のコースを選ぶと、通学コースより料金が安くなります。通信教育のコースの場合、10万円以下で申し込むことも可能。宅建学校の費用は、教育ローンを組んで分割払いにすることができます。

頭金の入金額が多ければ、教育ローンの分割費用を低くおさえることができるでしょう。ボーナスを併用して支払うことも可能です。

宅建は学校に通うと合格しやすい?

宅建の勉強を始めるにあたって、まずどんな方法で勉強するのかを決めなければなりません。大きく分けて方法は三つあります。独学、通信教育、通学講座です。

それぞれの良い点悪い点はもちろんですが、一番大切なのは自分に合った方法を正しく選ぶことです。通学講座の最大のメリットは独学、通信教育に比べると一般的に合格率が、格段に高いという点です。学校の講師は日々試験問題を分析しています。

その講義法を日夜研究している講師が多いからです。ですからもっとも最短で、効率的に合格にたどり着くことができます。さらにわからないところはすぐに質問でき、疑問をすぐに解決できます。

また勉強仲間ができ互いに切磋琢磨して勉強できるというメリットもあります。反対にデメリットは宅建学校の費用が掛かる、また通いたくても地域によっては良い学校がないという点です。

合格率が低い学校では過大な宣伝費、電話勧誘等の余分な人件費が必要なため、そのしわ寄せがきて受講料が高くなっているのが現状です。しかしいくら高くても、年間20万円以上の受講料がかかってしまうのは非常識です。

学校は他の産業ほど経費が掛からないので利益率はかなり高いのが、通常だからです。宅建学校へ行って勉強するなら多くの学校の受講料の平均を出して、よく検討を行って自分に合った学校に通うようにしてください。

宅建の試験は宅建学校に通っていた人からすると簡単すぎ?

宅建学校に通って学習した方にとっては、独学者に比べると合格しやすくなります。それは学校の費用を払うことで、短期に合格しやすいノウハウを教えてもらえるからです。

ただ誤解してはいけないのが、学校に通っているからと言って宅建の試験は簡単ではないということです。宅建の試験は確かに法律系資格試験の中でも比較的難易度が低い部類に入りますが、ちょっと学習したくらいでは合格するのが難しいです。

合格率は約17%前後になっていますので、約5人に1人しか受かることはできません。ですから、宅建学校に通ったから宅建の試験は楽勝だと思わずにしっかりと学習する必要があります。宅建学校の費用は学校にもよりますが、平均するとだいたい14万円から18万円ほどになっています。

安い学校であっても費用は10万円を超えてきますので、通うならば1回で宅建の試験に合格するという気持ちが大切になります。また宅建の試験は年々難易度が高くなってきていますので、宅建学校に通っていれば大丈夫だろうと高を括っていると宅建の試験で痛い目にあいます。

宅建の試験の学習を独学ではなく学校に通う場合であっても、安易に考えずに真剣に学習に取り組む必要があります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建を最短合格する方法とは?最年少で宅建合格した人の年齢は?

宅建合格者の平均年齢は33才から36才となっていますが、合格者の最年少記録は小学6年生の男の子の12才4ヶ月で、最年長記録は90歳の方が保持しています。このことからもわかるように、宅建は幅広い世代の人から支持されている資格です。しかし、毎年15%程度の受験者しか合格できず、なかなか資格を取得できない人も多いのです。そのため、宅建を最短合格する方法について興味がある方も多いと思います。勉強方法としては「独学」「通学講座」「通信講座」がありますが、この中でも最も効率良く知識を身に付けることができるのが通信講座です。ですから、宅建を最短合格することを目指している方は、通信講座を利用することをおすすめします。

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。

宅建に落ちた…宅建の資格に落ちる人は独学の人が多い?

宅建は独学でも十分に合格可能な資格と言われています。しかし、宅建に落ちたという人に話を聞いてみると、独学の人が多いです。逆に、試験対策講座を短期間でも受講していた人は、高い確率で合格しています。宅建は決してやさしい資格ではなく、合格率は15%~17%程度です。独学の人の合格率は下手をすれば10%を下回るかもしれませんね。受験資格に制限がなく基本的にだれでも受けられるので、「とりあえず受けてみよう」という動機で受ける人も結構います。なので、スクールなどでしっかりと学んだ人の合格率はそれなりに高いです。

積まれたコイン

宅建士の年収は思ったより少なくて宅建一本ではやっていけない?

不動産業界で働くときには、売り主や買い主との仲介の仕事をすることになるので、宅建士の資格を取得は欠かせません。ただ宅建士の年収は想像していたより少ないのではないかと指摘されていますが、平均的な年収を考えると決して少ないわけではないといえます。不動産業界で働くことになったら、宅建士の資格を取得しているだけで資格手当てを出す会社も多いですし、転職をする時にも即戦力があるとみなされるからです。もちろん上を目指したいのであれば、宅建士の資格を取得してから、他に難易度が高いものを目指すチャンスでもあります。

宅建の講座ランキング上位は何処?また宅建試験のおすすめ勉強法は?

宅建の講座のランキングを見ると様々な資格予備校がありますが、時間がない場合は通信講座で学べる予備校を選ぶと良いでしょう。例えば各資格予備校の中でも通信講座に特化しているユーキャンは合格者に占め割合がトップクラスです。平成28年の場合、1222名が合格し全体に占める割合は首位の3.99%でした。宅建試験は独学で学習することもできますが、ユーキャンのような優れた資格予備校を利用するのがおすすめの勉強法です。