other

宅建に合格するには独学で勉強した方が一番の近道なの?

投稿日:2019年6月17日 更新日:

宅建に合格するには独学でも通学でも、その勉強方法や時間が大事だと言えるでしょう。

独学の場合は効率的な勉強方法が分からなかったり、テキストが市販の物であるため専門性や情報量が少ないケースがあります。

そのため宅建の合格を目指すには、学校に通うという形が近道だとされています。学校は集中して効果的に学習できる点がメリットの1つで、独学の場合ではどうしても気が散ってしまいがちです。

最適な学習方法を利用して、短時間で効率的な勉強ができるのが学校のメリットとも言えるでしょう。

宅建に合格する近道は独学で勉強することだった?

本を読む女性

宅建は様々な資格の中でもポピュラーなものと言えます。他の資格に比べて難度が低めなのも人気があるポイントと言えるでしょう。不動産を扱う仕事をしている方などにとっては身近で取り組みやすいかもしれません。

そのため、実は宅建に合格するには独学が近道ともいえるのです。他の資格試験に比べて、市販の教材が多いというのがその理由の一つです。レベルや形式が様々なものがあるので、自分に必要なものをその都度選んで購入することが出来ます。

学校に通わないと手に入らない教材というものが少ないので、独学でも十分なレベルの勉強が可能になるのです。また、仕事などである程度不動産に関する知識がある方は、部分的に勉強する必要が無いこともあります。

しかし、スクールに通ってそのカリキュラムをこなすとなると、自分にとっては不要な部分も勉強しなければならず非効率的です。仕事がある方は、スクールに通う時間を確保することも難しく、結果的にうまく活用できないという事もあるのではないでしょうか。

独学であれば自分のレベルや時間に合わせた勉強の仕方ができるので、合格へ大きく近づくことが出来るのです。忙しい方、ある程度知識がある方は是非独学で挑戦してみましょう。

宅建を独学で合格するコツはある?

宅建に合格するには、コツはあります。やみくもに勉強していても試験に対応することができないため、必要な知識を無駄なく覚えることが不可欠です。

時間には限りがあるため、必要のないところを学んでいてはその分を圧迫し、合格レベルに必要な知識は足りずに結局落ちるということになってしまうでしょう。

独学の場合、自由に自分で勉強を決められますが、指針も自分で立てないといけないので、何も知らずにやっていても無駄な勉強になってしまう恐れがあります。

勉強しているのに落ちるという方は、おそらく時間の使い方を間違っていて、余計なところに時間を使ってしまっているものと思われます。市販されている過去問で試験に出る頻出論点を覚え、あまり出ないところは捨てる、といったことも覚えた方が良いです。

また、予備校や通信講座を活用するのもお勧めで、これらは絶対に抑えておかなければならないことを拾って教えてくれるので、無駄に勉強することはなくなるはずです。

独学がうまくいく人はコントロールが上手だということですが、それができな人はそれができていません。したがって、何年も独学で勉強しているのに受からないという方は、一度方針を変えて予備校等を活用したほうが良いです。

宅建を独学で合格する方法は過去問?

宅建に合格するには、過去問を繰り返し解くことが重要です。「過去に出題された問題がもう一度出ることはない」と考える人もいますが、それは大変な誤解です。宅建の過去問研究をしているとわかりますが、90%以上は同じ問題が出ています。

全く同じ形で出題されていることはさすがに稀ですが、わずかに形を変えてほぼ同じ内容の問題が出題されていることはよくあるのです。宅建は独学でも取得可能と言われているゆえんはここにあると言えますね。

そもそも、法律や実務に関して深く理解をしていないと取得ができない類の試験なのであれば、法学部出身の人や不動産実務経験者でないと取得ができないのではないでしょうか。しかし、実際にはたくさんの未経験者が宅建に合格しています。

法律や実務に関して深く理解をしていなくても、90%以上が過去に出題されたのと同じ問題で構成されているので、過去問を繰り返し解いていさえすれば合格できるようになっているのです。宅建は7割正解できれば高い確率で合格できる試験です。

ただし、年によっては合格最低点が7割を超えていることもあるので絶対に安心とはいえません。過去問を何回も繰り返し解いて完全にマスターしていれば90%以上はとれるので、過去問が非常に重要です。

独学で宅建に合格するには何日かかる?

独学で宅建に合格するには、どのくらいの学習期間が必要になるのでしょうか。必要な学習期間は人によって違いが見られますが、やる気次第では1ヶ月半ほどで合格までつなげることも可能です。

大切なことは学習期間内で、効率よく価値のある時間の使い方ができるのかという点です。1年かけて勉強したとしても、だらだらやっているだけでは合格できる可能性は低くなります。スムーズに合格したいなら、計画的に行動することも忘れないようにしましょう。

宅建の試験は年に2回あるので、まずは試験日をチェックしてその日までにどのようなスケジュールで学習を進めていけばいいのか考えていくのも1つの手です。1日1時間の学習だとしても、3ヶ月くらいあれば100時間確保することも可能です。

100時間の学習で独学でも合格につなげることは可能なので、効率よく時間を使っていくことが大切です。また宅建に合格するには、人々の体験談を参考にするのも1つの手です。独学で学習した方の意見を参考に、効率の良い勉強方法を把握しましょう。

体験談を参考にして計画を立てることで、より効率的に時間が使えるようになるかもしれません。隙間時間を有効活用することも、学習期間を短くするためのポイントの1つです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅建士の5問免除とは?誰でも試験で5問免除してくれるの?

宅建士の5問免除では、宅建試験50問中の5問は正解にされるため、残り45問に応えることになります。宅建業に従事する方のみが対象で、登録講習を受講して試験に合格すれば5点免除の資格が得られます。5問免除の有効期限は3年なので仮に宅建試験に万が一落ちたとして受験3回目までは5点免除が適用されます。4回目からは再度、登録講習を受講して5点免除を得る必要はありますが、宅建業に従事する限り何度でも5点免除は使えます。

家の前で握手する人

宅建とは?資格が必要な仕事だけど主にどんな仕事内容なの?

宅建とは宅地建物取引士を省略したもので国家資格とされています。不動産会社で特定の仕事をするにはこの資格が必要です。土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなど不動産取引を行う場合に重要事項を顧客に説明する必要があります。不動産取引は非常に高額ですが、顧客のほとんどは不動産に関した専門知識や売買経験が乏しいのが現状です。不当な契約を結ぶと損害を被る可能性があるので、事前に重要事項を説明する必要があります。重要事項の説明ができるのは宅建士に限られています。

給料袋

宅建士の給料は安月給?平均の給料相場はどのくらいなの?

さまざまな資格のなかでも宅建は転職にも強いとして注目度の高い資格です。そんな宅建の給料としては、月給にプラスして資格手当が付与されたり、ボーナスや残業代も合わせると700万円以上の年収になるケースもありますが、あくまでぴんきりで年齢や所属先などによって違いも生じます。それでも年収の平均相場としては、300万円から600万円ぐらいで、年齢とともに給料も上がり、50代がピークとなっています。しかも役職につくとさらにアップし、部長などの役職ならば、800万円以上の年収になる場合もあります。

成績向上

宅建の難易度はランキングで上位に上がるほど難しい資格?

色々な国家資格がある中で、宅建の難易度はランキングで上位に入る試験だとされています。宅建試験は合格率が低い事が特徴で、例年15%〜17%程しか合格者がいない難しい資格となっています。このように難易度が高い事から専門的な知識や技術が必要で、専門学校などに通ったり通信教育で学ぶ方が多くなっている事が特徴です。難しいとされる宅建ですがこの資格を取得すると、不動産業界におけるスキルアップが見込め、就職や独立などにも有効となるでしょう。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。