宅建の難易度や合格率はどの位?勉強時間は平均で何時間?

2019/06/15   -other

宅建の難易度や合格率の詳細は年によって変化しますが、国家資格の中では比較的合格しやすい存在と言えます。ただし、その合格率は平均15%前後を推移しており、決して簡単な試験ではありません。そんな宅建の取得には、一般的に平均400時間ほどの勉強が必要です。その際、講習などを活用せずに独学で試験に備える場合、関連情報を全てを自分で把握する必要が出てくるので、合格に必要な勉強時間は更に長くなる可能性があります。

宅建の独学は初心者には難易度が高すぎる?おすすめの勉強法とは?

2019/06/15   -other

宅建の独学は初心者にとってはあまりにも難易度が高いので、独学はやめた方が良いです。おすすめの勉強法は、スクールに通ったり通信講座を受講することです。これらを活用すれば、わからないところがあれば先生に質問することができます。最近の通信講座は動画で授業を受けることができることもあるので、スクールに通うのと同じような効果もあります。どちらでも構いません。自分のライフスタイルに合わせてこれらから選んでみてください。

パソコンを触る人の手

宅建の勉強はいつから始めたら良い?宅建の勉強サイトは役立つ?

2019/06/15   -other

宅建の勉強は、時間がたっぷりあれば良いというものではなく、効率よく短期間でも合格ラインに到達することが重要です。宅建の勉強はいつから始めるとよいのかという人の中には、試験の1か月前や3か月前という人も多いと思いますが、過去問の出題傾向をおさえて効率よく勉強をすることができる勉強サイトを利用するがおすすめです。独学での勉強は出題傾向の分析から始めなければなりませんが、勉強サイトを利用すると効率の良い勉強の仕方ができるので役に立つのです。

宅建の勉強は順番があって順番通りにしないと合格出来ない?

2019/06/15   -other

宅建士の資格を取得するときは、試験に合格しなければなりませんが、コツコツと勉強することで確実に知識が身に着けられますから独学でも難しいことはありません。ただ宅建の試験内容は7分野から出題されるので、多くを学ばなければなりません。宅建の勉強は順番があり、順番通りに学ぶことで全体像を把握してから細かい部分を理解できりょうになるので効率的です。順番通りに学ぶほうが、頭を整理しながら知識を身に着けられるので多くの人が実行していますが、必ずしもこだわる必要はありません。

宅建の勉強時間は独学と学校に通うとでは全然違う?独学の方が短い?

2019/06/15   -other

宅建の試験は比較的合格しやすいと言われていますから、宅建の勉強時間は独学ですべきとよく言われます。それでも試験範囲は広いので、独学で勉強しても長い時間がかかります。従って本当に重要な、出題されそうな部分だけを集中的に勉強する必要があります。学校に通って勉強する方法もありますが、過去に出題された問題集を繰返し勉強し、対策することが合格の近道です。過去問題の中から出題された頻度の高いも部分は必ず押さえておく必要があります。ほとんどの過去問題集は10年分の量で編集されていることが多く、これを見れば出題傾向が分かり短い時間で重要な部分が分かってきますので、その部分を繰返し解き、勉強するといいでしょう。

宅建の難易度は高い?低い?宅建資格の合格率は一体どれくらい?

2019/06/15   -other

宅建の合格率は平成30年度が15.6%、29年度が15.6%というようにここ数年平均15%前後を保っています。宅建の難易度は司法書士や行政書士と比べると比較的取りやすい資格ですが、合格率がそれほど高いとは言えないのは、宅建は受験資格の制限がなく、誰でも受験することができるということと、不動産業界や不動産を取り扱う仕事であれば、入社したばかりの人に十分な準備時間もなく、半強制的に受験させていることがあるようです。そのため合格率が実際の難易度より低いという状況になっています。

並んだ本

宅建の過去問は何年分ある?何年分やったら余裕で合格出来るもの?

2019/06/15   -other

不動産取引に関するエキスパートは宅地建物取引士と呼ばれております。略して宅建士と呼ばれておりますが、国家資格であり試験に合格することによってその資格が得られるのです。試験対策としては宅建の過去問に集中して勉強時間を割り当てることが有効であるのは言うまでもありません。宅建の過去問は最も力を発揮する教材であると言っても過言ではないでしょう。宅建の過去問20年分程度を集中的に勉強すれば、比較t的短時間で合格への切符を手に入れる可能性は飛躍的に高まります。

宅建は独学でも簡単に取得できて初心者でも取りやすい資格って本当?

2019/06/15   -other

不動産取引の専門家「宅建(宅建士)」の資格がありますが、この宅建は独学で取得している人が多数います。一般財団法人不動産適正取引推進機構から発表されている「平成30年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要」によると、合格者の職業別構成比は、不動産業36.8%・金融関係9.5%・建設関係9.8%・他業種22.0%・学生11.0%・主婦4.0%・その他6.7%となっていて、専門家だけでなく学生や主婦などの初心者も多く合格しているので、比較的簡単に合格出来ることがわかるでしょう。

文房具

宅建の試験日は年二回ある?他の資格と比べてチャンスは多い?

2019/06/15   -other

宅地建物取引士になるためには国家試験に合格する必要があります。しかし、中には宅建の試験日は年二回あるので他の資格と比べてチャンスがあると思っている人がけっこういます。しかし宅建の試験は年に1度しかないのでこの点は注意する必要があり、チャンスは他の国家試験と同じなので余裕を持って勉強することが大切です。ただ難易度はそれほど高くはないのでしっかりと勉強すれば合格するのは難しくはないのですが、それでも国家試験であり試験範囲も比較的広いので油断をせずに学習した方が良いです。

宅建の勉強方法とは?通信講座でも宅建の試験に受かる?

2019/06/15   -other

宅建士の資格を取得するには、合格するために問題集で勉強をすることが一般的です。ただ試験は多くの分野から出題されるので、問題集1冊だけで済ませるのではなく、通信講座を受けることをおすすめします。宅建の勉強方法として通信講座を利用する人が多いことから、合格するための対策がしっかり整っているので効率的に勉強できます。宅建試験の難易度は、平均合格率が約16.5%ですから他の資格試験と比べるとハードルは低いといえます。